« お食い初め | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告 »

焼き鯛を鯛めしに

お正月やお祝い事には欠かせない

焼き鯛

 52181

焼きたてを食べたらおいしいけれど、

なかなかそういうことはなく、冷えたものに箸をつけることが多いですよね。

京都のお正月では、「にらみ鯛」とこの鯛を呼んでいて、

三が日の間は、毎回食卓に出すけれども、飾る(見る=にらむ)だけ。食べられるのはそれを過ぎてから。

実際にそこまで置いておくことはなくても、やっぱりかたくなってパサついてしまいますよね。

というわけで、

焼き鯛をそのままいただいて、オイシイと思ったことは、あまりありません。

私は、鯛めし(鯛ご飯)にしていただくことにしています。

  Img_5374

作り方は、いたって簡単です!

作り方

①焼き鯛は、頭を切り離し、身はほぐす。

②炊飯器に、洗った米と水、塩、酒、みりん、しょうゆ(各少々)を加えて混ぜる。その上に、焼き鯛の頭、昆布(5cm)をのせて、普通に炊飯する。

③炊き上がったら、頭と昆布を取り出し、電子レンジで温めた鯛の身、刻んだ木の芽(なければ細ねぎ)を混ぜる。

   Img_5371

焼き鯛の頭から、いいだしが出ておいしいですよ~。

|

« お食い初め | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鯛を鯛めしに:

« お食い初め | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告 »