« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告

幼稚園の年少&年中のお友達が参加の、

幼児料理教室 KIDS COOKING 

「節分」をテーマに行いました。

        

献立

 ●いり豆ご飯

 ●大根とにんじんの白みそ汁

 ●大豆とひき肉のいり煮

 ●いり豆クッキー

 Img_5729

                        Img_1336

献立は、末就園児対象の料理教室と同じ内容にしましたが
                       (→詳しくはコチラ

違うのは、包丁を使うということ。

  56551

      

そして、年齢に応じて、理解力も上がるので、

節分に豆をまくのはなぜかというお話も深くできました。

  55771

調味料についても、詳しくとりあげました。

 「これ、な~んだ?においをかいでみてね」

   Img_5567

 「みそだ~!色が違う」

 「みんなのおうちのみそ汁は、どのみそを使ってる?」

 「茶色」

  「お母さん、うちのはどれ?」

 「色だけでなく、味はどうかな?食べてみよう」

   56901_2

                 「甘い~」「これはしょっぱい」

そして、冬には白みそを使ったおみそ汁をいただくという話をしました。

お正月に白みそ仕立てのお雑煮を食べたお友達は、頭の中で結びついているかな?

このみそにも、大豆が使われています。

         

今回は、初めてのお友達ばかりだったので、

「だし」のとり方は、どう感じたかな??

  55851 昆布をくんくん

 

     56491 

  「かつおぶしは、お好み焼きにかけるよ」

  「そうだね。かつおぶしやこんぶは、このまま食べてもおいしいね。」

   「このおいしい味と香りを、水にうつして、このおいしくなった水(だし)から、おみそ汁を作るとすっごくおいしいんだよ。」

    56601

         

さらにみんなが大きくなったら、もっともっと深く教えてあげられます。

水にみそを溶いてもおいしくないけれど、だしに溶いたらおいしいと感じたり。

だしはそのままではおいしくないけれど、塩味をたしたらおいしいと感じたり。

私は子供たちに、料理がうまくなって欲しいから、料理教室をしているのではないのです。

こういう「発見」を、すごく大切にしたいのです。

なるべく、教えるよりも、子供が気づいてなるほどと思うような流れにしたい。

そして、どうして?という疑問に、きちんと答えをあげて、そこから話を膨らませてあげたい。

        

今回も、子供たちは、いろんな発見をしてくれました。

たとえば・・・

  Img_5600

     Img_5602

いり大豆でご飯を作っているときに、

いり大豆のにおいをかいで、

「きなこのにおいがする~」

これって、すごいですよね。

きなこの原料が、いり大豆だってことに気づいたんです。

今度は「きなこ作り」のテーマで、その発見を拾い上げたいと思っています。

みんなの成長が楽しみです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼き鯛を鯛めしに

お正月やお祝い事には欠かせない

焼き鯛

 52181

焼きたてを食べたらおいしいけれど、

なかなかそういうことはなく、冷えたものに箸をつけることが多いですよね。

京都のお正月では、「にらみ鯛」とこの鯛を呼んでいて、

三が日の間は、毎回食卓に出すけれども、飾る(見る=にらむ)だけ。食べられるのはそれを過ぎてから。

実際にそこまで置いておくことはなくても、やっぱりかたくなってパサついてしまいますよね。

というわけで、

焼き鯛をそのままいただいて、オイシイと思ったことは、あまりありません。

私は、鯛めし(鯛ご飯)にしていただくことにしています。

  Img_5374

作り方は、いたって簡単です!

作り方

①焼き鯛は、頭を切り離し、身はほぐす。

②炊飯器に、洗った米と水、塩、酒、みりん、しょうゆ(各少々)を加えて混ぜる。その上に、焼き鯛の頭、昆布(5cm)をのせて、普通に炊飯する。

③炊き上がったら、頭と昆布を取り出し、電子レンジで温めた鯛の身、刻んだ木の芽(なければ細ねぎ)を混ぜる。

   Img_5371

焼き鯛の頭から、いいだしが出ておいしいですよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お食い初め

第二子を出産し、先日、お食いぞめをしました

第一子のときには、料亭でお食いぞめ膳を用意していただき、料理が華やかで楽しめたこともあり(→そのときのお料理はコチラ)、

また別の料亭でするのも、いろいろな料理が見れるし、勉強にもなるかなと迷いましたが、

やっぱり手作りの温かさも想い出に残ると考え直し、

自ら作ることにしました。

           

Img_5212

        Img_5214

主人の両親をお呼びしての会食となりました。

時間までにお待たせせずに、
料理を準備するので精一杯なので、

テーブルセッティングは、シンプルに。

祝い事なので紅白でまとめました。

         

男児の場合は、お膳、お碗すべてが朱色ですが、

女児の場合は、お膳、お碗とも、内部だけが朱色で、お碗の周囲やふたは黒色という違いがあります。

また、男性はあぐらをかいてすわり、女性は正座ということから、

本来は、男児の膳より、女児の膳のほうが背が高いのですが、

我が家はテーブル席なので、足がついた膳ではなく、折敷にしました。

      Img_5220

子供の膳

 ●赤飯
 若竹の吸い物
 たこの柔らか煮、子芋白煮
 百合根きんとん、海老の黄身ずし

海老などをいれた器には、本来ならば香の物を入れるようなのですが、

お口にちゅっちゅとさせたときに、塩辛いかなと思って、
大人の膳のお料理からとって入れておきました。

また、関西ではお食い初めには、
はまぐりの吸い物というのが一般的ですが、

すぐに初節句のお祝いをするし、

そのときには、定番のはまぐりの吸い物は変えたくないので、

料理が重ならないように、

旬の走りではありますが、若竹の吸い物にしました。

たこの煮物は、かたいものを食べられるような丈夫な歯になりますようにと願いをこめて。

箸先を、石にちょんちょんとつけて、食べ物を口に運ぶようにするという儀式も、同じように丈夫な歯を作るためといわれています。

        

大きな鯛の塩焼きは、おうちで焼くことができないので、百貨店で頼んでおいて、朝急いで取りに行きました。

  52181_2

お赤飯は自家製です。

   Img_5216

         

Img_5223

                   

大人の膳

 ●だて巻き
 ●紅白の百合根きんとん
 ●菊花と菊菜のお浸し
 ●菜の花浸し
 ●子芋白煮
 ●サーモンれんこん巻き
 ●たこの柔らか煮
 ●海老の黄身ずし
 ●梅生麩の含め煮
 ●空豆素揚げ
 ●揚げむかごの松葉刺し

菊花は、重陽の秋っぽい一品になってしまいましたが、

百貨店で偶然売っていたのに出会えたので、お浸しに。

 Img_5173

      Img_5193

菊花は、花びらを摘んで、たっぷりの湯に酢を加えてからゆでると、
アクが抜けて、おいしくいただけます。

海老の黄身ずしも、珍しいかもしれませんね。

すしといっても、すし飯を使うのではありません。

(な~んていいながら、料理勉強し始めのころは、黄身ずしや生ずし(しめさばを関西ではこういいます)の献立名を聞いて、てっきりすし飯を使うものだと思い込んでいた私であります(゚ー゚; )

黄身ずしとは、蒸した山の芋(つくね芋)に、ゆで卵の黄身を加え、練るように混ぜ、
酢や砂糖などですし飯みたいな甘酸っぱさに味つけしたものなのです。

会席料理でいえば、八寸なんかに登場する一品です。

         

52501 うん、おいちい

  ↑おばあちゃんに食べさせてもらっている様子

すべての料理を口にちょんちょんとしましたが、

眉間にしわをよせて、ムムムという表情をするのがほとんど。

そんな中でも、ちゅっちゅと吸って喜ぶ味が、

「だし」です。

吸い物の吸い地に浸した箸先を口にもっていくと、もっとくれ~とばかりに、箸先をなめってニコニコ顔。

昆布とかつお節のだしが持つうまみって、最強ですね~。

          

食べることが好きになって、そのことがこの子の人生を豊かなものにしてくれますようにと、願いをこめて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リリエンベルグの「ブール ド ネージュ」

先のblogでご紹介した

リリエンベルグの「おめで鯛」と一緒にいただいたのが、

「ブール ド ネージュ」

冬限定の焼き菓子です。

55011

ブールとは、フランス語でバターを指す言葉ですから、

その名の通り、バターの香り高く、

口の中でほろっと崩れる食感と、アーモンドの風味が特徴です。

クッキーは、粉全体の配合として、
小麦粉のほかにアーモンドパウダーの割合を多くするほど、
もろさが出て、ほろっと崩れる感じを作り出します。

アーモンドパウダーを入れると、食感といい、味や香りといい、本当においしいですよね!

定番のお菓子ですが、

こちらのものは、細かく刻んだアーモンド(アーモンドダイス)が入っていて、

カリッとした歯触がアクセントになっていました。

アーモンドパウダーが入ったクッキーが大好きなので、

袋をあけて、あっという間にすべて食べてしまいました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リリエンベルグの「おめで鯛」

ウィーン菓子工房“リリエンベルグ(Lilien berg)”は、

神奈川県川崎市にある、有名なお菓子のお店です。

東京にお菓子の食べ歩きに行っても、なかなか川崎までは足をのばせなくて、

今までお店を訪れたことはなかったのですが、

横溝シェフのお菓子を食べてみたいと、以前から思っていたのです。

お友達からの サプライズ プレゼント!

リリエンベルグ・1月限定の「おめで鯛」

Img_5424

す、す、すごい!!!

パイの装飾の技術もさることながら、その大きさにも驚き!

だって、ゆうに10人分くらいはあるパイです。

ペンと比べたら、大きさがわかるかしら?

   Img_5427  で、でかいっ!

お正月らしい包装は、今年の干支のうさぎ。

美しいので、記念にとってあります。

Img_5415

こちらのパイは、ガレット・デ・ロワをご想像いただけたら、その味は伝わるかと思います。

パイの中身は、アーモンドクリーム(クレーム ダマンド)が贅沢にもぎっしりつまって、

熊本産早生栗の渋皮煮がゴロゴロ入っています。

 Img_5430

パイでもタルトでも、アーモンドクリームが大好きな私にとっては、たまりません。

        

感嘆すべきは、パイに入れた切込みの装飾の美しさのみならず、

何十層、何百層にもなる、折り込みパイの層!

横から見てください。

分厚いパイの層がきれいに出ているでしょう。

食べる前から、テンションが最高潮!

  Img_5425

どこからナイフを入れようか迷ってしまいますが、

ざくざくと切って、大きい1切れをいただきま~す。

最初、お友達からお菓子が届くことは伝えられていたのですが、

クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子の詰め合わせだと思い込んでいたのです。

夜中に、みんなが寝静まってから、ひとりゆっくりと味わおうと、箱をあけてびっくり!!

あまりの美しさに、これは、家族みんなに見せなくては!と翌日まで我慢。

食べたい気持ちを抑えて、ふたを閉めました。

そして、みんなでワイワイいただいた後は、

日持ちするので、朝、昼、晩と、一人になれる時間に、

「お楽しみ」として、独り占めして食べ続けました。

うふふふふ~~ 至福の時間

ここだけの話、トースターで焼いて食べるのが好きなのです。

作り手の方に話すと、お菓子のバランスが崩れるとおこられてしまうかもしれませんが、

バターの香り、アーモンドの香りが立っておいしいのです。

ただ、パイからちょっとバターがにじみ出てしまうのですが、

焼きたてのサクサク感もよみがえるような気がして、

もっぱら軽く焼いて食べていました。

トースターから、ぷ~~んとにおう香りにクラクラしながら、数日間、これを楽しみに生きていました。

なんて、素敵なプレゼントでしょう!

私も来年は、ぜひ誰かに贈りたくなった、そんなお菓子でした。

   Img_5423

                

ウィーン菓子工房“リリエンベルグ(Lilien berg)”

 神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17

 TEL 044-966-7511  

 定休日 第1,3月曜日、毎週火曜日
 
  営業時間 10-18時

 HP http://www.lilienberg.jp/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お屠蘇

お正月に飲む「お屠蘇」。

最近は、日本酒をお屠蘇にする方が増えていますが、

本来は “みりん”なのです。

みりんといえば、煮物の調味料に使うくらいかもしれませんが、

みりんはれっきとしたお酒で、

アルコール度数も日本酒と同じです。

お屠蘇は、子供からお年寄りまで飲むもの。

あま~いお酒である“みりん”のほうが、実は飲みやすいのですよ。

みりんといっても、そのままみりんを飲むわけではありません。

“屠蘇散”という数種の薬草が入った袋を、みりんに入れて、半日くらいおいて、薬草成分を浸出させるのです。

香りや色も移り、みりんが屠蘇に変身します。

Img_5163

                         Img_5159

屠蘇の語源は、
「鬼気を屠絶(とぜつ=退治絶滅させること)し、人魂を蘇生させる」から来ており、

その目的から“屠蘇延命散”ともいわれます。

もともとは中国から伝わったものです。

薬草は、山椒・桔梗・肉桂(にっけい・クスノキ科)・白朮(びゃくじゅつ・キク科)・百合根・防風(ぼうふう・セリ科)・橘皮・陳皮など数種の生薬を調合したものが使われています。

これだけの薬草が入っているのですから、

お正月の飲みすぎ、食べすぎ、寒さによる体調不良なんかを、吹き飛ばしてくれますね。

せっかくですから、飲んでおいしいみりんを選びましょう。

今年は「三河みりん」にしました。

  Img_5153

  ※12月に買うと、屠蘇散がついていました。

さて、お屠蘇を飲むときには、誰から・・・というのも大事なことです。

お酒の席で、お酒を注ぎまわるときには、

年少者が年長者につぐのがマナーですが、

お屠蘇は違います。

重なった杯を上から取り、年長者(家長)が年少者に注ぐのです。

これは、年長者の英知を年少者に分かち与えるという意味なのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »