« 焼き鯛を鯛めしに | トップページ | 初節句 »

幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告

幼稚園の年少&年中のお友達が参加の、

幼児料理教室 KIDS COOKING 

「節分」をテーマに行いました。

        

献立

 ●いり豆ご飯

 ●大根とにんじんの白みそ汁

 ●大豆とひき肉のいり煮

 ●いり豆クッキー

 Img_5729

                        Img_1336

献立は、末就園児対象の料理教室と同じ内容にしましたが
                       (→詳しくはコチラ

違うのは、包丁を使うということ。

  56551

      

そして、年齢に応じて、理解力も上がるので、

節分に豆をまくのはなぜかというお話も深くできました。

  55771

調味料についても、詳しくとりあげました。

 「これ、な~んだ?においをかいでみてね」

   Img_5567

 「みそだ~!色が違う」

 「みんなのおうちのみそ汁は、どのみそを使ってる?」

 「茶色」

  「お母さん、うちのはどれ?」

 「色だけでなく、味はどうかな?食べてみよう」

   56901_2

                 「甘い~」「これはしょっぱい」

そして、冬には白みそを使ったおみそ汁をいただくという話をしました。

お正月に白みそ仕立てのお雑煮を食べたお友達は、頭の中で結びついているかな?

このみそにも、大豆が使われています。

         

今回は、初めてのお友達ばかりだったので、

「だし」のとり方は、どう感じたかな??

  55851 昆布をくんくん

 

     56491 

  「かつおぶしは、お好み焼きにかけるよ」

  「そうだね。かつおぶしやこんぶは、このまま食べてもおいしいね。」

   「このおいしい味と香りを、水にうつして、このおいしくなった水(だし)から、おみそ汁を作るとすっごくおいしいんだよ。」

    56601

         

さらにみんなが大きくなったら、もっともっと深く教えてあげられます。

水にみそを溶いてもおいしくないけれど、だしに溶いたらおいしいと感じたり。

だしはそのままではおいしくないけれど、塩味をたしたらおいしいと感じたり。

私は子供たちに、料理がうまくなって欲しいから、料理教室をしているのではないのです。

こういう「発見」を、すごく大切にしたいのです。

なるべく、教えるよりも、子供が気づいてなるほどと思うような流れにしたい。

そして、どうして?という疑問に、きちんと答えをあげて、そこから話を膨らませてあげたい。

        

今回も、子供たちは、いろんな発見をしてくれました。

たとえば・・・

  Img_5600

     Img_5602

いり大豆でご飯を作っているときに、

いり大豆のにおいをかいで、

「きなこのにおいがする~」

これって、すごいですよね。

きなこの原料が、いり大豆だってことに気づいたんです。

今度は「きなこ作り」のテーマで、その発見を拾い上げたいと思っています。

みんなの成長が楽しみです

|

« 焼き鯛を鯛めしに | トップページ | 初節句 »

食育」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
こんばんわ。

子供たちにお料理ってほんとステキな体験ですね。
こんな、教室が近くであったらっと
思いました。

AIDAのブログを読んでいたら
はまり込んでここまでやってきました。

お食い初めのお膳やいろんなお店

とっても役に立ちました。

また遊びに来させてくださいね。

投稿: inoimo | 2011年2月26日 (土) 19時38分

INOIMOさん

はじめまして。

そういっていただけるととてもうれしいです。

なかなか更新できていませんが、頑張ります(汗)

ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします!

投稿: まきすけ | 2011年2月27日 (日) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告:

« 焼き鯛を鯛めしに | トップページ | 初節句 »