« 和カフェ・モリカ(森嘉米店)~奈良 | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 12月度のご報告 »

笹ちまき作り

子供の日といえば、ちまき。

幼稚園で、お母さんたちと一緒にちまきを作り、子供たちに食べてもらうという企画に参加しました。

ちまきは、昨年、宇陀での講習会に参加しましたが
        (→そのときの模様はコチラ)、

教えてくれる先生が違えば、作り方が違うというのも、すごく魅力!

特に、ちまきなどの伝統的な食べ物は、その家、その家に伝わるやり方があったり、その違いがまたいいですよね。

今回は、うるち米:もち米=約7:1の割合の米粉に、砂糖が多めに入っているので、翌日もかたくなりにくいレシピで、

そのまま食べるには、いい配合です。

笹ちまきの笹は、生のものが手に入らなければ、
今回のように乾燥品を、熱湯でさっとゆがいてから流水にさらして使うとよいそうです。

茶色かった笹が、青々とします。

 Img_2331

この笹の量w(゚o゚)w

この日は170個作ったんですよ。

         

まず、上新粉、もち粉、砂糖、水をなめらかになるまでよく混ぜます。

Img_2321

蒸す前は、結構、とろ~っとしているんですよ。

     Img_2325

そして、20分蒸して、中まで火が通ると、もちっぽく固まります。

  Img_2327

ここから、練って、粘りとなめらかさを出します。

熱いうちにするので、とても熱い作業です。

Img_2330 Img_2335

練っていると、つややかなもちに。

さあ、これを笹で包んでいきます。

もちを紡錘状に丸めて、笹1枚の表側にのせます。
茎側に、もちの先端を向けて、茎の付け根から1~2センチくらい下に先端を合わせています。

 Img_2337

その笹をもちに沿わせるように指ではさみながら、
上からもう一枚笹をかぶせて、

 Img_2338 Img_2339

紡錘形のもちの底側から、2センチくらい下を、もどしたいぐさで結びます。
いぐさは片側は短くしておきます。

結んだ箇所が、笹の長さの半分になっていると、美しく仕上がります。

 Img_2360

笹を結び目から折り曲げます。
つまり、笹の先端を、笹の付け根につけるように。

そのときに、いぐさの短いほうは、折り曲げた笹の内側に隠しましょう。

 Img_2352

長いほうのいぐさでぐるぐる巻いていき、笹の付け根で何度か巻いて結びます。

 Img_2357  Img_2358

いくつかを束ねて、茎を切りそろえ、完成!

Img_2364

園児たちの笑顔に、感激しました~。

        

ちまきを食べるときのワンポイント。

笹にもちがくっついてとれないときは、くっついているところに、一滴水をたらすと、それがもち全体に広がってぺろりーんとはがれるそうです。

なるほど~!

息子ももうちょっと年齢があがれば、一緒に作れるかな~。

楽しみ!

|

« 和カフェ・モリカ(森嘉米店)~奈良 | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 12月度のご報告 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笹ちまき作り:

« 和カフェ・モリカ(森嘉米店)~奈良 | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 12月度のご報告 »