« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年2月

いちごセミナー2010(親子で学ぼう)のご案内

昨年、大好評だった、

萩原農園での いちごセミナー(その模様はコチラ)!

今年も開催します。

昨年は、社会人のみのセミナーでしたが、

今年は、親子のセミナーも実施します。

どちらのご案内もアップいたしますので、ご覧ください。

      

    Img_44821_2

農園 体験型セミナー

いちごについて、学ぼう&味わおう             

おいしいいちごはこうして生まれるんだ !

                      
日時

   4月24日(土曜) 10:15~12:30頃

   (激しい雨天の場合は、25日(日曜)の同時刻に延期します)

集合

  電車の場合~9:50 JR帯解駅

                            (奈良駅から桜井線で2駅)

 車の場合~直接お越しください

場所  

   奈良 帯解(おびとけ) 「萩原農園」 

             奈良市横井6丁目

費用  

  2500円 (大人1名、3歳~小学生1名) 

   (いちごの講義 & いちご狩り)

※ご家族で同伴の方は、大人(中学生以上)1500円、
      3歳~小学生500円とさせていただきます。

第一部      

とれたての「あま~い」いちごを頬張っちゃおう

本当においしいいちごは、農園でいただくべし!!

スーパーで売られているいちごとは、ぜ~んぜん違う

やわらかく、甘~い「完熟した いちご」が食べられます!

甘く、フレッシュな味を、心ゆくまで、お楽しみください。

第二部 

いちごのなぜ?なに?

●いちごは、どんなふうに実るの?

●いちごは表面につぶつぶの種があるけど、そこからいちごはできるの?

●いちごは、どうやって育てるの?

●おいしいいちごの見分け方は?

●農園で食べるいちごと、スーパーで買ういちごのおいしさの違いは?

 などを、子供にわかりやすく、お伝えしたいと思います。

※同時刻で、社会人対象の、いちごセミナーも開催しております。
 もっと掘り下げてお知りになりたいという方は、そちらもぜひご聴講ください。

      

「柿の種を植えたら、芽が出てくるかな?」

と子供がいえば、「そうだね」と答えてあげられますが、

「いちごの粒々の種を植えたら、芽が出るの?」

子供の素朴なこの質問に、どこまで答えられますか?

実際、農家は、いちごは種から育てているのでしょうか??

いつも食べているいちごですが、

案外、大人でも、知らないことがいっぱいなんですよね~。

このセミナーでは、

子供に、いちごはどうやってなるのかな?ということを体験してもらうだけでなく、

植物としてのいちごにも、自然に興味を持ってもらえるといいな、というのがねらいです。

「体験」って、本当に大事ですよね。

こちらが意図しなかったことにも、きっと子供は興味を抱き、

印象に残る一日となると思います。

食材事典、植物図鑑などには書いていない、

農家の方の、生きたお話を聞くことができます。

と目からうろこの話ばかりです。

           

主催者  木村 万紀子

(辻調理師専門学校、ヒューマンアカデミー、キッズキッチンなどで講師を務める。)

お申込み  E-mail  kids_shokuiku @ yahoo.co.jp   

         (注:kidsの後はアンダーラインです)

お名前、ご住所、お電話(携帯電話)、メールアドレス、参加人数、アクセス方法 をご明記ください。

※定員になり次第、締め切らせていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いちごセミナー2010(社会人対象)開催のご案内

昨年、大好評だった、

萩原農園での いちごセミナー(その模様はコチラ)!

今年も開催します。

昨年は、社会人のみのセミナーでしたが、

今年は、親子のセミナーも実施します。

どちらのご案内もアップいたしますので、ご覧ください。

      

    Img_44821_2

農園 体験型セミナー

いちごについて、学ぼう&味わおう             

おいしいいちごはこうして生まれるんだ !

                      
日時

   4月24日(土曜) 10:15~12:30頃

   (激しい雨天の場合は、25日(日曜)の同時刻に延期します)

集合

  電車の場合~9:50 JR帯解駅

                            (奈良駅から桜井線で2駅)

車の場合~直接お越しください

場所  

   奈良 帯解(おびとけ) 「萩原農園」 

             奈良市横井6丁目

費用  2000円 

   (いちごの講義 & いちご狩り)

※ご家族で同伴の方は、大人(中学生以上)1500円、
      3歳~小学生500円とさせていただきます。

第一部      

とれたての「あま~い」いちごを頬張っちゃおう

本当においしいいちごは、農園でいただくべし!!

スーパーで売られているいちごとは、ぜ~んぜん違う

やわらかく、甘~い「完熟した いちご」が食べられます!

甘く、フレッシュな味を、心ゆくまで、お楽しみください。

第二部 

いちごのなぜ?なに?

●他の果物と違って、その県ごとに、特産のいちごがあるのはなぜ?
  
    
全国的に有名な、とちおとめ(栃木名産)やあまおう(福岡名産)を
   なぜ、奈良では作らないの?

●いちごは表面につぶつぶの種があるけど、そこからいちごはできるの?

●いちごは、他の果物よりも、品種改良が盛んに行われているのはなぜ?

●農薬を減らして栽培するための、驚きの工夫とは?

●露地栽培、ハウス栽培、温室栽培では、どんな風に違うの?水耕は可能?

●おいしいいちごの条件とは?

●いちご栽培のこれからの可能性とは?   

など、いろんな疑問にお答えしてくれます。

      

         

食材事典、植物図鑑などには書いていない、

農家の方の、生きたお話を聞くことができます。

身近な食材なのに、こんなに知らなかったことがあるんだ!

と目からうろこの話ばかりです。

           

主催者  木村 万紀子

(辻調理師専門学校、ヒューマンアカデミー、キッズキッチンなどで講師を務める。)

お申込み kids_shokuiku @ yahoo.co.jp 

         (注:kidsの後はアンダーラインです)

お名前、ご住所、お電話(携帯電話)、メールアドレス、参加人数、アクセス方法 をご明記ください。

※定員になり次第、締め切らせていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます

→印刷用 word版 はコチラです「1004.doc」をダウンロード  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊賀焼「土楽」の『ふくさんご』

伊賀の「土楽窯」といえば、

特徴的なフォルムの土鍋がすぐに頭に思い浮かぶくらい、

有名な窯元です。

先日、お友達MISIAさんと話していたら、

なんと、現在7代目の福森さんのお嬢さまと、昔からの仲のよいお友達で、

土楽窯にも土を触りに遊びに行っているとか。

なんて、うらやましい!!!!(≧∇≦)

うらやましすぎる!

先日、MISIAさんから、

土楽窯の女将(つまり、お友達のお母さま)が作っていらっしゃる

『福さんご』というちりめん山椒をいただきました。

うれしい

Img_1346

徳島産のちりめんじゃこに、

地元 伊賀の里山でとれた、実山椒を、

酒、だし、しょうゆ、みりんで、煮上げたものです。

実山椒の青々とした色も鮮やかですね。

034

炊き立ての御飯にかけて、早速いただきました。

甘味がみりんのみで、甘さ控えめ。
しょうゆの風味が勝っていて、あっさりとしたお味です。

実山椒のピリッというさわやかな辛味が、印象的です。

        Img_1190

パッケージには、土楽窯ということで、焼物の飾りがついているのもいいですね。

ふくさんごのほかには、

伊賀牛を使った、しょうが風味のしぐれ煮や、黒こしょう風味のそぼろもあり、

HPから購入できるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »