« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

ヘクセンハウス作り

ヘクセンハウス

耳慣れない言葉かもしれませんが、

これは「魔女の家」という意味で、

『ヘンゼルとグレーテル』の童話に登場する、

あの お菓子のいえ  のことです

子供の頃、お菓子のいえを想像して、

そりゃあ、ワクワクしたものです。

                

ヘクセンハウスクリスマスバージョン

Img_1059

おうちも土台も、クリスマスツリーもクッキーです。

まず、クッキーを焼いて、それぞれのパーツにアイシングしてから、

濃度の高いアイシングで組み立てます。

アイシングとは、卵白+粉砂糖で作ります。

いろんな角度から見てみると・・・

 Img_1062

     Img_1055_2 おとぼけ顔のサンタがカワイイ

        煙突に入ろうとしているのかな?  

Img_1042

    Img_1043

今回は、ブルー&ホワイトで、

色みを統一して、シンプルにまとめましたが、

カラフルな色を散りばめて作っても、キュート

壁や屋根に、クッキーやキャンディー類をたくさんはりつけてもかわいいですし、

クリスマスの季節でなければ、

ツリーの代わりに、動物やジンジャーマンを歩かせても。

とにかく、いろんなアイデアで、デコレーションできます。

今回は、クリスマスプレゼントで作りましたが、

バースデイプレゼント、新築のお祝いなどにも、

感激してもらえると思います

           

プレゼントしたときに、相手が喜んでくれる顔を想像して作るのも、

すご~く楽しい!

それに加えて、こういった手仕事は、何せ楽しいです。

アイシングでは、きっと、集中のあまり

気持ちが「無」になって、のめりこむと思いますよ~。

そういう時間を持つって、ホント癒されますよね

大人が童心にかえって、本気で楽しめます!

            

もし、作られたい方がいらっしゃったら、お教室もできますよ。

材料費は3500円です。2名様以上で、日程等はご相談くださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 11月度のご報告

来年に幼稚園入学を控えた 未就園児2~3歳の子供たちの

幼児料理教室 KIDS COOKING 

11月も、子供たちは、元気に楽しく参加してくれていますよ

               

未就園児なので、
まずは、きちんとごあいさつができるようになろうね♪

というところからはじめます。

先生おはようございます、みなさんおはようございます。

                 ペコリ

                

では、今日は、これを入れてご飯を作りましょう!

   Img_0175 これは何かな?

ぐりとぐらの絵本でも、出てくるよ~

  1

くりは、寒くなってきた秋にとれます。

いまは、11月。

くりは、こないだみんながお料理しに来てくれた10月までしか、お店で売られていないんだ~。

でも、ゆでてから、こんな風に、あま~い蜜につけてつけておいたら、
腐らないで、ずっと食べられるんだよ。

Img_0389 小さく切ります

  

そして、お米と一緒にして炊くんだけど、

今日は、いつもと違うお米を使います。

Img_0171

   色が違う~

   そうだね、どんな風に違うかな? みんなわかるかな?

もち米を使って 「くりの甘露煮のおこわ」 をつくりま~す。

みんな絶対好きになる味だと思うよ~。

 Img_0395

    Img_0311

               

汁ものは 「豆腐のけんちん汁」を作ります。

とてもおいしい だしが出る

   Img_0169

干しえび と 干ししいたけ を使います。

Img_0380 みんな、クンクンしてみて~

乾かすと、においも変わるね~

味も変わるんだよ!

   Img_0381 水につけるとね・・・

2 チョキチョキ

               切りにくいから気をつけてね~

いんげんも入れましょう

  3

豆腐はつぶして使います

  Img_0402

Img_0403 油で炒めてね

  Img_0260 具を入れてさらに炒めて

煮ていきましょう

  5 緑のいんげんは仕上げに入れてね

                

次は、この野菜を使います。

  6  何かわかる?

以前使った青ねぎを出してきて、比較して見せます。

ねぎは、生で食べると、ピリリとからいけれど、

白ねぎは、煮ると、甘くなるんだよ。

「白ねぎとベーコンの煮物」 を作ってみよう!

白ねぎは、こうやって切ってみようか。

Img_0185 早くやりたいよ~

この前、みんなできのこのお買い物をしたときには、

なかったきのこだね。

これは何ていうきのこかわかる人~!

   7

 

切ったら、鍋にどんどん入れてね~

 4  Img_0405

   

味つけして8

Img_0276 炒め煮しよう

               ↑ボクが火加減を調節するから~

自分が食べれる分を、自分で取り分けてね

Img_0409

ねぎは好きでないと聞いていた子も、パクパク!

おかわりも売り切れです。

自分で作るって、嫌いな食べ物の克服にもなっていますね。
            本当にスゴイ~。

              

料理3品ができました~~

  Img_0412

              

今日のおやつは、子供にタンパク質をたくさんとって欲しくて、

 「きなこしるこ」 にしました。

きなこ+牛乳

  Img_0287

Img_0408

おしるこには、みんなが住んでいる 奈良 で作られている

くずきりを入れましょう。

10 11 

↑かたいくずきりが、ゆでたらやわらかくなっている~~

  Img_0420

 

                   

毎回10時にはじめて、食べ終わるのは13時。

この歳の子供たちに、こんなに集中力があるの!?

と驚かされます。

でも、やっぱり2歳や3歳になったばかりの子供たちですから・・・

  Img_0296 ジャンプ ジャンプ

ちょっと手があいたら、連鎖的に遊び始めてしまうことも、
たまにはあります・・・

               カワイイネ・(゚▽゚*)

そんなときに、みんなを呼び戻すには、

  Img_0383

  食べ物に関する絵本を読んでみると・・・・・・ 

         興味しんしん~~

  これは、今日使った「いんげんまめ」って、これだよ~と、
  絵本でも伝えています

*幼児の料理教室の意図や目的などを詳しく書かせていただいています
        →コチラ をご覧ください

        

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 10月度のご報告

2~3歳の子供たちの幼児料理教室 KIDS COOKING

10月のテーマは、「実りの秋」です。

           

ちょうど、お友達のご実家が農家をされていて、

家族でいもほりをさせてもらったばかり!

みんなに、つるつき、土つきのさつまいもが見せられる絶好の機会でした。

Photo_2 

 こんな風にしてね、土の中に埋まっているさつまいもを引っ張るんだよ!

うんとこしょっ、どっこいしょ Img_9882

   Img_9883  丸ごと蒸し器で蒸します

今日は、このさつまいもで 「スイートポテト」を作りましょう

   Img_9538_2
      みんなで必死につぶしています。
      子供たちって、こういうのが好きですよね。

Img_9945_2

    Img_9953_2

型に詰めて、オーブンで焼きましょう!

   Img_9570 こんがり焼けました~

           

「実りの秋」のもうひとつの食材は、きのこです。

今日は、たくさんの種類のきのこをお料理に使っていきます。

まずは 「きのこのお買い物ごっご」をしましょう!

       わ~い、わ~いヽ(´▽`)/

ひとりひとりに渡した紙に書かれているきのこのお名前を、

お母さんに読んでもらって、覚えてください。

そして、きのこのお店に買いにきてくださいね。

      いらっしゃい、いらっしゃい!きのこいりませんか?」

       「きのこをください」

       「何ていうお名前のきのこですか」

       「え~と、きのこです!」

       「お母さんに、もう一度、お名前教えてもらって~(笑)」

Img_9890 Img_9484 

なめこは、どれかわかる? Img_9895

  Img_9487 これは、しめじですよ

Img_9896 わ~い、買えたよ!

みんな、それぞれ違うきのこを買ってきてくれました。

相当盛り上がりました!

それでは、みんな集まって~!

お友達ひとりひとりに、自分が買ってきたきのこの名前を、

みんなに教えてあげましょう!

 Img_9898

    みんなの前で、発表してくれました!

    まだ3歳前後の子供たちなのに、本当にスゴイ!
           とやらせている本人が、内心、感動(;ω;)

それに、先生の話も、よく聞いて理解しようという気持ちも、
どんどん出てきました。

  Img_9901

      先生の切り方を見ていてね。同じようにやってね。

料理教室を始めて半年。

この時期の子供たちの成長は、本当に早いと実感。

            

では 「きのこご飯」を作りましょう!

Img_9904

  

  Img_9916

       Img_9918

    たっぷりのきのこ3種類が入りま~す

炊き上がったら、いい香り~。

子供たちって、きのこが好きだから、きのこご飯はもちろん人気!

お茶碗もって、早く食べたくて、並んでいます。順番ヨ~~

  Img_9957_2

 

              

みんながお買い物してくれたきのこで、ぬる~っとしたものがあったよね。

しめじ~!しいたけ?

なめこです(なかなか出てこない・・・)。

  「なめこのみそ汁」にして、なめこをちゅるんと食べてみよう!

みそ汁をおいし~い味にしてくれる、「だしを出す」おさかなを使います。

2_2 いりこですね

ほかの具は?
  これはな~んだ?みんながよく食べているものだよ。

  Img_9523

そろそろいいだしが出たので、いりこと昆布を引き上げようね。

   3_2

具を入れましょう。
  なめこ、戻したわかめ。

 Img_9935_2  4_3

    5_2
       みそを溶いて、豆腐を入れて、できあがり。

 

              

秋になって、寒くなってきたね。これから冬がくると、もっと寒くなるね。

寒いときに、おいしくなる野菜を使って、もうひとつ料理を作りましょう!

7_3 6_2
  おも~~いっ、よいしょっと

  食べたことはあっても、まるごと見たのは初めてかな?

この白菜がたくさん食べられる 「白菜とツナの煮物」 です。

8_2

  白菜は手でちぎります。

  芯と葉では、かたさが違うね。
  大きい葉と小さい葉では、色もやわらかさも違うね。

  

  はさみでももちろん切れるのですが、

  手でちぎるという動作が、五感の刺激になるので、

  あえて、ちぎらせています。

  思った大きさにちぎるというのは、子供にとっては簡単ではありません。

  野菜には繊維の方向がありますからね。

Img_9921_2 しいたけ

   Img_9912 にんじん

Img_9533_2

    Img_9929_2 味つけしています

ぜ~んぶ入れたら、煮ていきましょう。

仕上げに、片栗粉でとろみをつけてね。

  9_2 やらせて~

            

きのこを使った3つの料理ができあがりました~

  Img_9551_2

お野菜がキライなお友達もいましたが、

自分で作ったからかな~好きなきのこと一緒にパクリと何口も食べてくれましたヨ。

子供たちは、1ヶ月に1回の料理教室を楽しみにしてくれているみたいです。

張り切って、来てくれます。

うれしいですね~~

真剣に集中しすぎて、ヨダレが出ていたり(笑)

  かわいすぎです

*幼児料理教室の意図や目的などを詳しく書かせていただいています

         →コチラ  をご覧ください

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 9月度のご報告

2~3歳の子供たちの料理教室 KIDS COOKING

9月の様子をのぞいてみてください!

今月も子供たち、楽しんでいますよ

子供たちの力には、本当に驚かされます。

わが子も、お友達も、日々こんなに成長しているのかと、こういう場で改めて感じて、感激します。

            

9月も末になり、涼しくなってきました。

秋といえば・・・

Img_8651 

みんなが毎日食べているご飯って、

  Img_8686

   田んぼには、こんな風に稲として植えられているんだよ。

Img_8688

いつも、こんな風にお米をといでから、炊いているんだよ。

お料理教室では、毎回、お味つけをした混ぜご飯を作っているけれども、

とれたばっかりの新しいお米で

 「白いご飯」を炊いて、おいしさを味わおう!

             

そして、ご飯に添える 「のりのつくだに」 を手作りしてみましょう。

「えっ!?のりのつくだにがおうちで作れるの?」
               と、おかあさま方からのお声が

 2_2

  板のりから作ります。

  ピリピリと手でちぎります。

  指と指をそろえて、そこからちぎるという動作、
  耳を澄ませて聞こえた音を、何という言葉で表現してみる?、

  五感の刺激と、感じとったことを自分で言葉にしてみる、

  子供の料理教室では、発達に応じて、そういうことも体験させてあげたいのです。

Img_8701 調味料を入れて

     

   Img_8718 煮ていきます

           

では、次は、汁ものを作りましょう。

今日の汁ものは、何で「だしをとる」のかというと・・・

   Img_8683 手羽先

「手羽先とレタスのスープ」を作りましょう。

Img_8709

みんな、先月はじめてピーラーを使いましたが、

覚えるために、続けて今回もカリキュラムに入っています。

先月、これが楽しかったみたいで、「やりたい!やりたい!」と。

  Img_8714 小さくチョキチョキ

レタスもビリビリ~とちぎります。
         耳も澄ませてね。

            Img_8719  

  Img_8893 火を通します

 Img_8733

Img_8782 仕上げに卵&チーズを入れて

     Img_8786 レタスがしんなりすればできあがり

この歳の子供たちは、レタスは生では嫌がるので、

火を通したら、おいしいとパクパク食べれるのです。

               

おかずには 「かぼちゃのサラダ」 を作ります。

このくらい小さい子供たちは、原型をさわったことがない場合が多いんです。

Photo  みんな持ってみて~

   中身は何色だと思う?

      Img_8674 ざくっ

        オレンジ色、やっぱり~

蒸し器という道具を使って、あつ~い湯気で火を通します。

 3_2

  Img_8726 つぶして、味つけしようね。

          

さて、今日のテーマは「お月見」。

満月ってね・・・お月見ってね・・・

  Img_8896

        4_2

お月さまみたいな、まん丸の「月見団子」を作りましょう。

 Img_8746

といっても、この歳の子供たちが、手のひらの上で転がして丸めるというのは、
簡単にできるものではありません。

     こうやったら、丸くなるよ~、みんなやってみて!

    5_2

6_2

 Img_8920 ゆでて

 みたらしだんごのたれを作りましょう。

    Img_8929 とろ~っとしてきたね

              

おいしそうにできました!

Img_8788_2

     Img_8791

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 8月度のご報告

2歳の子供の料理教室 KIDS COOKING

さかのぼって、8月度からご紹介。

2歳の・・・と書きましたが、

8月になって、3歳になったお友達もいました

最初ははさみを持つのが初めてという子たちばかりでしたが、

手つきも少しずつ慣れてきました。

        

毎回 「だし」をとる、「だし」が出る、ということに重きを置いています。

インスタントの食品が増える中、

うまみ調味料(アミノ酸)を使ったものが多くなってきています。

そういう環境の中でも、

本当の「うまみ」というのは、こういう味をいうんだよ、ということを

この料理教室を通じて、

舌に、そして脳みそにインプットして欲しいな~

というのが、私の願いの1つだからです。

           

まず、今回は、こちらの食材から、おいしい「だし」が出ますよ。

Img_7990 干し貝柱

干し貝柱のご飯を作りましょう!

水で戻して、手でさいていきましょう。

 Photo_2

みんなで一緒に、貝柱をお米に加えて、

      Img_7755

調味料も入れます。

Img_7758

  さあ、炊いていきましょう~~~

           

ご飯に入れたい、もうひとつの材料です。

    これな~んだ?

 Img_7789

3つ葉があるから・・・   三つ葉だね!

   3 チョキチョキ

           

お次の、「だし」が出る食材は、しじみです。

夏の土用の頃は、しじみを食べると元気になるといわれているんですよ。

しじみのみそ汁を作りましょう!

Img_7766

 ↑子供たちは、どうやったらこのしじみが
   パカッと開くのかを、考えています。

   

      うーん、、、、、あかない

火にかけて熱くしたらどうなるかな?

  Toriminng2

「わあ、あいてる~!見てみて~」

      どれどれ~?ほんとうだ~

  Toriming3

7

 ↑おいしい「だし」がしじみから出たら、
   みそをだしで溶いて、入れましょう。

              

きょうのおかずは「いんげんとにんじんの白あえ」です。

Img_7779 いんげんをゆでて

 Img_7837

  ↑にんじんを薄切りにします。 
   

    今回からピーラーを使い始めました。
    みんな、だんだん握力もついてきたから、うまくできるよ。

    5 にんじんは甘辛く煮ていきます。

さあ、和え衣を作っていきましょう。

Img_7830 仲良くごまをすっています

豆腐を投入Img_7844

  4 味つけしてさらにすります

すべて合わせて完成!

   6 どんな味なのかなあ

             

  Img_7879

      ご飯のできあがり~!

             

お楽しみのデザートは、「豆乳もち」です。

豆乳もちには、きなこをかけます。

今日のテーマは、「大豆」。

大豆からできる、加工品のつながりを伝えます。

今日の4品には、

   みそ、豆腐、豆乳、きなこ が使われているけれども、

       み~~~んな、「大豆」からできているんだよ

    Img_7864  豆乳飲んでみたい~   

火にかけて、豆乳もちを練りあげていきます。

  8

きなこをまぶして、ちぎっていきましょう。

  Img_7892

     おいしくって、ついついつまみぐい!

みんなでいただきま~す☆

  9

今日も楽しかったね

※子供料理教室の目的・意図についてご紹介させていただいています→コチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリザーブドフラワーのアレンジメント講座、終了しました!

11月29日 ならまちのカフェ 心樹庵にて、

バイオフラワー協会認定講師の杉野洋美先生を迎えての、

食の一日セミナー

プリザーブドフラワーのアレンジメント講座

  「食卓が華やぐ フラワーアレンジメント」  が無事終了しました。

       (→以前アップしたご案内詳細はコチラ

お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

          

プリザーブドフラワーとは、

生花を、脱水・脱色→着色して、数年もつように加工された花で、

生花の風合いなのに、枯れない、色あせなく、

素敵なアレンジを長く楽しめるので、

最近はプレゼントにも人気ですよね。

今回は、「食のセミナー」として行っているので、

食卓になじむアレンジとして、考えていただきました。

「まるでグリーンサラダを器にふんわりと盛るようなアレンジを」

  ということで、グリーン×ホワイトを基調に。

さて、そのセミナーの模様をレポートします。

            

セミナー開始前、みなさんをお待ちしているときのフォト。

心樹庵さんに入るマックスの人数のお客さまをお迎えすることになり、先生の準備も入念です。

   Img_0491

   奥の庭が見える窓に飾られているのは、

          Img_0497 先生作のリース

さあ、レッスン開始!

 Img_0501

   

プリザーブドフラワーのアレンジは何度も目にしていたけれども、

出来上がったアレンジからは、想像ができないような作り方!

そうだったんだ~!

という発見がみなさんあったようです。

   Img_0510

  ↑こちらの作業は、バラの花にワイヤーをかけているところ。

     Img_0534

     ↑プリザーブドフラワーを生ける前に、
      このように、花材のひとつひとつにワイヤーをかけて
      準備するんですヨ。

いよいよアレンジです。

  Img_0537
   

   ↑オアシスにさして、生けていきます。

       Img_0535

プリザーブドフラワーは、造花ではなく、生の花から作られたものなので、

1つ1つの花材の形やボリュームが違う、

つまり花の顔がさまざまなので、

ひとりひとり、同じ種類と数の花材を用意しているのですが、

隣の人と全く同じアレンジの形にはなりません。

それも魅力ですね~。

   Img_0543

完成~!みなさんの作品の一部をご紹介いたします

 Img_0548

        Img_0549

Img_0550

シックで、上品、美しい

杉野先生の色選びのセンスのよさ、みなさんのアレンジの感性で、

とても素敵な作品たちがあふれて、その場が一気に華やぎました

           

約3時間のアレンジの後は、おいしい中国茶でほっこり。

こちらの心樹庵さんは、以前のブログでもご紹介させていただきましたが
                  (↑コチラです)

中国茶と日本茶を扱うお店で、

今回のセミナーのおたのしみは、オリジナルのお茶がいただけるということ!

店主の米山さんが、

「今日はお花のセミナーなので、花にちなんだお茶をブレンドしました」

ということで、ご用意いただいたのが、

オリジナル 八宝茶です!

8種の材料が入っていることからついたネーミングです。

Img_0564

ベースは、紅茶

中国茶の紅茶ですか?とお尋ねすると、

日本茶品種で作られた紅茶だそう。

私たちも経験していることですが、紅茶って、お湯をいれたままにしておくと、すぐに濃くなりますよね。

今日のお茶はポットサービスで、お湯をつぎ足しつぎ足し、飲んでいくもので、

普通の紅茶でも、中国茶の紅茶でも、

やっぱり濃くなって、渋みが出てしまうそう。

紅茶と緑茶は、そもそも品種が違うので、

こちらで選ばれた日本の緑茶品種で作られた紅茶なら、渋くならないそうです!

なるほど~!

          

そして、紅茶の水色(すいしょく)にしては、赤っぽいのは、

ハイビスカスが入っているから。

ハイビスカスだけのハーブティーなら、酸っぱいというイメージですが、

今回は量が少ないのと、

八宝茶には、氷砂糖が入っていて、

それが徐々に溶けていって、ほんのりあま~くなっていくので、

酸味がおだやかに感じれて、すごくおいしい。

しかも、ハイビスカスは、ビタミンCが豊富で、女性にはうれしいですよね。

            

そのほかに、花にちなんで入れてくださったのが

菊花 です。

しかも、菊花の効能は、眼精疲労の回復。

今日の作業はとても細かかったので・・・というお気遣い。

            

そのほかは、

なつめ(体を温める、鉄分豊富)

西洋人参(滋養強壮)

くこの実(免疫力を高める)

胖大海(はんだいかい・解毒作用、咳どめ)

     

  Img_0563

       Img_0561

お茶を飲みながら、

生の花が、どのような薬剤につけてプリザーブドフラワーとなっていくのかを、実際にその過程を見せてもらいながら、教えていただきました。

    Img_0553

そして、今回のアレンジの魅力のひとつ

器に料理を盛る場合と同じように、

器をかえれば、その表情が変わる

という、コーディネートの実演です。

Img_0558

     Photo

このほか、和食器に盛る、クリスマスアレンジなど、

器やクロスを替えるだけで、がらりとイメージが変化します。

洋のテーブルだけでなく、

お正月などには和のテーブルにも、きっと大活躍ですね。

ご参加いただいたhalcaちゃんのブログに、早速おしゃれなアレンジが掲載されていたので、ご紹介させていただきます(→コチラ)。

            

今回の素敵なセミナーが実現したのは、

杉野先生のご協力と、

心樹庵さんのご協力あってこそ。

そして、ご参加いただいたみなさまのおかげです。

セミナーの温かく、和気あいあいとした雰囲気は、みなさまが作り出してくださったもの。

感謝申し上げます。

これからも、食のセミナーを企画して、

食好きのみなさまと、「学ぶ楽しさ」を共感して愉しみながら、

盛り上がっていけたらと思っています!よろしくお願いします。

      

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

8月28日 mandai(万代)主催 キッズキッチン

blogの更新がなかなか追いつかなく、8月の話題を

8月28日 スーパーmandai(万代)主催の

キッズキッチン子供料理教室の講師をつとめました。

午前、午後 各25名 の講習で、

スタッフの方々のサポートにより、無事終了することができました!

万博公園前駅の大阪ガスショールーム Dilipaで行ったのですが、

こちらの施設はスゴイ!

可動式で、キッチン台の高さが変わるので、

子供用にすご~く低くすることができるのです。

このように整った環境で、教室をさせていただけるなんて、とてもうれしいことです。

          

             

メニューは「中華」

   Img_8066_2

  水餃子 スープ仕立て

  干し貝柱の炊き込みご飯

  手作りチャーシュー

  マーラーガオ(中華風蒸しカステラ)  の4品です。

3歳~10歳までの子供たちが、

小麦粉をこねて、餃子の皮を作り、上手に包んで、おいしく作ってくれました。

餃子はおうちでお母さんと一緒に包んだことがある子供も数人いましたが、

皮から手作りという機会は、なかなかないですよね。

夏休みのいい思い出になったかな

万代のHPでもご紹介いただいています(→コチラ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »