« あまから手帖主催「京の大屋台村」 | トップページ | 玄米スープ »

The Toffee Shopのバター・ファッジ

イギリスの湖水地方ペンリスに、

ファッジという名のお菓子を

90年前から、伝統的な製法で作り続けているお店があります。

“The Toffee Shop(トフィー ショップ)”

 Img_9259

            

          

チャールズ皇太子も、トフィー ショップのファッジの大ファンで、

以前、お店に訪れたそうで、

トフィー ショップにはチャールズ皇太子がファッジを作る姿の写真が掲げられているそうです。

          

さて、「ファッジ」なるもの、日本人にあまりなじみがないと思います。

材料は、砂糖、バター、牛乳、シロップ。

これを、生キャラメルを作るときのように、大鍋で火にかけて丹念に練り上げていきます。

Box1_7_4  Img_9262ok

  (写真左:阪急百貨店HPより引用)   

英国版の生キャラメルと評されることもありますが、

生キャラメルとは全然違います。

かたさともろさを併せ持っていて、

手で割ると、かたいながらも、ほろっと崩れるように割れます。

口に入れて、

歯で砕くようにして食べると、砂糖の甘さが立ち、
シャリシャリ感というか、サクサク感というか、
たとえようのない、食感で、崩れていくようになくなります。

      

シャリシャリというのは、砂糖の微細な結晶がつくり出す食感です。

詳しい製法や配合は全く知りませんが、

この材料を混ぜ合わせると、砂糖濃度がかなり高いものになり、

それを加熱して少し煮つめて、

砂糖を過飽和状態にして、

温度を下げて、よく混ぜたら、

一度溶けた砂糖が、再び微細な結晶として出てくるという性質を

利用したお菓子だと思います。

私は、口の中で噛み砕くのではなく、

舌の上で転がすようにして、少しずつ溶かしながら味わうのがおすすめです。

このほうが、おだやかな甘味、バターの風味が感じられるからです。

          

             

一口目、口の中で溶けていくこの味になつかしさを感じました。

「どこかで食べたことがある!」と味の記憶をたどると、

チェルシーのバタースコッチ!

(を、超高級にした感じですよ)

もちろん、チェルシーなんかに例えると、チャールズ皇太子様ゴメンナサイですが、

なんとなく味のイメージが伝わると思います。

おいしく淹れた香り高い紅茶とともに、

ひとかけら、召し上がれ! というお菓子です。

                 

“The Toffee Shop”

  7 Brunswick.Road, Penrith, Cumbria CA117LU

 HP→コチラ

 日本でもネットショップで買えます→コチラ

|

« あまから手帖主催「京の大屋台村」 | トップページ | 玄米スープ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私が生まれて初めてファッジを食べたのは20歳の時、カナダで食べました。まきすけさんが言うような美味しさはまったくなく(お店が悪かったのかも。。)

正直、自分の中で想像していた触感と相当違っていたので、がっかりしたのを鮮明に覚えてます

そっか~。ファッジってそういう風に作るんだね。

まきすけさんのブログは勉強になります

投稿: kumi | 2009年10月15日 (木) 21時13分

kumiちゃん

実は、私もファッジ自体、甘さが突出した感じが、そんなに得意ではないんだよね。なーんて、ほとんど食べ比べたことがないから、あまり言えないけどね。

でも、トフィーのものは、ゆっくり口で溶かして味わうと、なるほどと思いましたよ。

今は生キャラメルが日本では流行りまくっているけれど、
同じような材料でも、温度を低くして、よく混ぜることによって、
なめらかなシャリ感が出るというところが、おもしろいなとおもったよ。

と、またまた脳みそで食べてしまいました

投稿: まきすけ | 2009年10月15日 (木) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Toffee Shopのバター・ファッジ:

« あまから手帖主催「京の大屋台村」 | トップページ | 玄米スープ »