« 銀寄の栗で | トップページ | パン工房 のら ~奈良 宇陀 »

旬彩 ひより~奈良 ならまち

奈良 ならまちにある                

大和野菜使った料理をいただくことができる

「旬彩 ひより」

   12_3   Img_9638

ひよりの専属農園が、奈良県田原本にあり、

有機栽培で大和野菜を育てられているそうです。

京の伝統野菜、なにわの伝統野菜はよく耳にされると思いますが、

同じように、

大和野菜というものもあるんですよ。

詳しくは、公式HPをご覧ください(→コチラ

          

今回はランチで訪問しました。

『野菜びより』 というお献立を注文。

●かぼちゃのスープ

  Img_9622

 洋風のかぼちゃのスープっておうちでも作りますが、

 おいしいおだしで、和風のかぼちゃスープというのも、

 あっさりしておいしいですね。

 

冷製スープで、突き出しのようにちょこっと出てきました。

●主菜

Img_9621_2

 *レタスのサラダ

 *里芋の揚げ煮

 *秋なすの揚げだし

 *てんぷら3種

   紫とうがらし
   うりのようなかぼちゃ
   さつまいもと玉ねぎのかきあげ

 *青菜の胡麻和え

 *小松菜と油揚げの煮びたし

 *柿と菊菜の白和え

          

まさに、野菜づくし。

少しずつ、さまざまな味が楽しめます。

量は決して多くはありませんが、

満足~な気持ちになるのは、

野菜自体がおいしいから、

そして、油と相性のいい野菜は、揚げて調理しているというのもあるのではないでしょうか。

        

紫とうがらしは大和野菜で、

からみがない、ししとうのようなとうがらしです。

真っ赤に完熟すると甘味すら出てくるそうです。

かぼちゃは、私たちが普段スーパーで買うような西洋かぼちゃではなく、

日本かぼちゃで、うりのようなかぼちゃです。

輪切りがさつまいものような太さでした。

日本かぼちゃの種類なので、あっさり、身質が緻密で、甘味の少ないタイプです。

こういった珍しい食材にあたると、うれしいですね。

奈良は柿の産地ということで、

白和えに柿が使われており、

季節を感じました。

●古代米ご飯、味噌汁、香の物

Img_9624

       Img_9625

●特製わらびもち

 Img_9626

 のびるほどに、やわらかさのある
 わらびもちと、

 香ばしく煎られたきなこで、いくらでも食べられそう。

          

店内は赤を貴重に、壁、カウンターも赤で統一されています。

和食屋さんでは、珍しいですよね。

Img_9628

        Img_9629

天気のよい日は、テラスでお食事もできるんですよ。

平日のお昼でしたが、

女性でにぎわっていました。

し~んと静まった感じではなく、

女性のおしゃべりの声が適度にお店のにぎわいを感じさせ、

自分がしゃべる声も気にならない、

しかも、席と席の間がある程度はなれている、

場所の使い方が贅沢なレイアウトなので、

開放感もあります。

お食事しながら、ゆっくりおしゃべりも楽しめました。

  029

               

「旬彩 ひより」

 奈良市中新屋町26鶉(うずら)屋倶楽部1階

 電話 0742-24-1470

  定休日 火曜

 

|

« 銀寄の栗で | トップページ | パン工房 のら ~奈良 宇陀 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

若い頃はこういうお料理じゃなくて
パスタをドーン!!
のようなのを欲していたのだけど
やはりそれなりの年齢になり、こういうお料理が
ステキに思えるようになってきました。
子供が年頃になったら
それぞれが希望する料理のギャップに苦しむのかしら・・・。

ところで、時計回りではないよね!?

投稿: ぱんだ | 2009年10月23日 (金) 14時44分

そうそう、わかる~。

それに、レストランでご飯をいただくときって、
雰囲気も一緒に味わうじゃない?

雰囲気も味のうちっていうか。

だから、年齢をそれなりに重ねると、
こういったお店の雰囲気に、
背伸びせずに、自分も溶け込めるし、

やっぱり自分は、日本人のDNAの持ち主だなあという、
ほっとするような感じがするよね。

子供はやっぱりハンバーグとかパスタとか、こってり系が好きかもしれないけれど、

和食の昆布とかつおのおいしい「だし」を
「うまい!」と感じてくれる味覚を
成人するまでには持って欲しいなあという、
親の勝手な願いがあるわあ。

でも、子供の好きなものを食べるっていうのは、
「楽しかった想いで」の1ページになるよね。
そういう意味で、
子供の食べたいものを尊重してあげたいなともおもうよね。

私は、レストランに食べに行って家族みんなで楽しかったとか、あのメニューがおいしかったとか、お店の雰囲気の記憶が幼稚園時代からあるので、

そろそろ息子がその年齢に近づいて、
食に対する考え方も、ますます過熱ぎみ(笑)

この日は息子同伴でしたが、
夜寝る前に、なすがおいしかったとか、かぼちゃのスープがおいしかったとか、
わらびもちがもっと食べたいとか、
いっていたので、
かなり、横取りされましたが、
楽しかったんだなあと思いましたよ。

投稿: まきすけ | 2009年10月25日 (日) 05時41分

ありがとう~~!
時計まわりと書きながら、その順番でなかったので、
書き直す~。
また、へんてこあったら、教えてね。

投稿: まきすけ | 2009年10月25日 (日) 05時43分

野菜、しかも珍しい野菜をいただくとわくわくするよね


ましてや、味付けがシンプルな和食でいただけるなんて。。。

大和野菜って初めて知りました。

以前、京野菜専門のおばんざい屋へ行った時を
思い出したよ。

体に優しく、温かい味でした

お子さんと二人で美味しい物を食べ合うまきすけさんが
目に浮かびましたよ

投稿: kumi | 2009年10月26日 (月) 12時46分

kumiちゃんをご案内したいお店がどんどん出てきていて、次回来られたときには、食べ歩きツアー組みますよ~

投稿: まきすけ | 2009年11月 1日 (日) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旬彩 ひより~奈良 ならまち:

« 銀寄の栗で | トップページ | パン工房 のら ~奈良 宇陀 »