« 幼児料理教室 KIDS COOKING 7月度 終了しました | トップページ | 驚きの組み合わせ!のおつまみたち »

どんぐりの砂糖煮

前回のblogでとりあげた

『ぐりとぐら』

うちの2歳の息子も、あの本が大好きになりました。

ある日、公園にでかけると、どんぐりがいっぱい落ちていました。

すると息子が、

「どんぐりを持って帰って、砂糖で煮ようよ!」と言い出しました。

Img_8167

このページのことをいっているんです。

     

「どんぐりは、ぐりとぐらは大好きだね。

昔の人もどんぐりを食べていたんだけど、

苦いからって、もう今は食べなくなっちゃったんだ。

だから、おうちに持って帰ったら、ぐりとぐらにあげようよ。」

といったら、納得して、

「ぐりとぐらにあげるんだ~」といって、喜んで、どんぐりを集めました。

   

    

おうちに帰ると早速、絵本を開いて、

何をするのかな?と見守っていたら、

「どんぐりは、木になっているんだよ」とのこと。
  子供の発想って、すごいな~

Img_8159

本に「どんぐりをかごいっぱいひろったら」

というくだりがあるのですが、

おままごとのように、そうして遊んでいるのです!

Img_8164_2

私が「じゃあ、このどんぐりも、かごに入れて、ぐりとぐらにあげようよ。」

Img_8155

 と、うながすと、

「なべと、おさとうもいるよ。」と息子

Img_8147

「こうやって、どんぐり・お砂糖・鍋を、絵本の前においておいたら、

きっと、夜み~んなが寝しずまってから、

ぐりとぐらが、絵本からそ~っと出てきて、

このどんぐりで砂糖煮を作って、全部食べちゃうと思うよ!」

というと、

息子は大喜び!

   

「どんぐりに、お砂糖をかけてあげてもいい?」

Img_8177

Img_8187

寝る直前まで、どんぐりがどうなるか、気になって仕方がない様子。

こうやって、絵本の前に、お供えのように置いて寝ることにしました。

         

朝起きたら、まず最初に

「ぐりとぐらはどんぐり食べたかな!」

「見てくる!」

といって、絵本の前に走っていくと・・・・・・

Img_8191

「あ~っ!どんぐりを食べてくれたんだ!

なくなってる!

鍋に砂糖煮がのこってるから、なめてもいい??」

と、鍋についたシロップをぺろぺろ。

「まつぼっくりは、食べなかったみたい」

と、少しがっかりそうにいうので、

「ねえ、ねえ、よく見て!何かまつぼっくりについているよ」と私。

「あかいリボンだ」

「きっと、ぐりとぐらが、お礼にと、

まつぼっくりにリボンをして、残してくれたんじゃないかな」

と私がいうと、

「本当だ~、ぐりとぐらも喜んでるわ」と息子。

とてもとても、満足気ないい顔をしていました

            

子供の創造性って、すごいな~と、驚かされたエピソードです。

そして、絵本から広がる世界って、素敵だなあと

こんなに広がりを見せることに、感心させられました。

日頃、どこまで子供の発した声をひろってあげられているかと思うと、

ついつい大人目線で、受け答えしてしまっていることもあるかもなあ、

と自分自身の子供に対する接し方を、振り返るきっかけにもなりました。

何年も先にこんなこともあったんだよ、

と、大きくなった息子に教えてあげたい、温かなエピソードだし、

思わず写真に収めて、これもそのときに一緒に見せてあげよう、なんて、

子供以上にもしかしたら感動しているのは、私かもしれないですね。

|

« 幼児料理教室 KIDS COOKING 7月度 終了しました | トップページ | 驚きの組み合わせ!のおつまみたち »

食育」カテゴリの記事

コメント

素敵だね~。

まきすけさんの優しい気持ちに私は心温まりました。

先月会った時も、まきすけさんの子供に対する
優しさに感動したばかりでしたが、
すごいな~と改めて思いました。

まきすけさんだけじゃなく、息子さんも幸せだったよね。

素敵なお話ありがとう

投稿: kumi | 2009年9月 9日 (水) 14時54分

くみちゃん、ありがとう

投稿: まき | 2009年9月10日 (木) 06時01分

感動しました!!!
すっごく素敵なエピソード。。。☆
まきすけちゃん親子を表しているような、ほのぼのとした暖かい雰囲気がよく伝わってきました。
こんなにも暖かい気持ちにさせてくれるなんて。。。
やっぱり子どもって天使だね☆

投稿: ぴろっぷ | 2009年9月10日 (木) 23時08分

ぴろっぷさんへ

ピュアな心に癒されるよね。ぴろっぷさんは、ずっと小さい子どもたちを教えていたから、こういう体験もたくさんあるんだろうな~。

そして、「ぐりとぐら」はやっぱり名作だね。

カステラ作りの部分、卵の殻を車にしちゃう部分が本の盛り上がりだと大人は思って、
最初のこの部分は普段は読み流していたけれども、

絵本の創造性ってすごいなと思い、あらためて見直しました。

ここに引っかかるの??  と。

もっと絵本を読んであげないとな~


投稿: まきすけ | 2009年9月11日 (金) 05時28分

素敵〜☆
絵本の前に座り込んでる姿を想像して、
にんまりしちゃいました。
彼にとってはきっと鮮明に記憶に残る出来事でしょーね。
そんな世界を演出できるお父さんお母さん、素敵です!

なんだか6年生までサンタクロースを信じてたこと、思い出してしまった(笑)

投稿: titti | 2009年9月12日 (土) 22時32分

ちっちさん、ありがとう!
サンタクロースも、創造力がふくらむよね~。
大人の私でも「信じたい」存在です。

そして、今日も「ぐりとぐら」を読んで、
「くりのクリームもつくろう」と言い出しています。
まずは、いがぐりを見せるところから始めたいんだけれど、近所で手に入らないので、森にいかないと。

投稿: まきすけ | 2009年9月13日 (日) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんぐりの砂糖煮:

« 幼児料理教室 KIDS COOKING 7月度 終了しました | トップページ | 驚きの組み合わせ!のおつまみたち »