« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ちまき作りの会

5月に、ちまき作りの会に参加してきました。

奈良の食文化研究会から、お声がけしていただいたもので、

奈良県 宇陀 へ。

         

教えてくれるのは、宇陀の地元のおばあさま方です。

ちゃきちゃき動いて、準備してくださっています。

         

まずは、お餅つきをして、つきたてお餅をいただこうということで、

地元のおばあさまお手製の絶品のあん、宇陀産大豆で作ったきなこをかけて、いただきました。

         

ちまき作りは、まず米粉を蒸すところからはじめます。

もち米:うるち米=8:2で合わせ、塩、水を加えた米粉を蒸し、

Img_6245

        Img_6250 つきます。

みんなで、手分けして、ちまきの形に整形します。

Img_6271

お餅を包むのは、萱(かや)の葉です。

おばあさま曰く、
萱の葉には、オスとメスがあるそうで、メスのほうがやわらかくて包みやすいとのこと。

萱といっても、かやぶき屋根の萱とは品種が違うそう。

へえ~~

おばあさまに手ほどきを受けながら、包んでいきます。

Img_6280_2

Img_6281
    萱の葉にお餅をのせて、萱をかぶせます。

     Img_6283
      萱をねじって包み込み、
      い草でしっかりと巻きます。

     

1

 た~くさんできました。

蒸しあがりを、みなさんといただきます!

Img_6303

アツアツに、きなこ砂糖をまぶして、いただきます。

今回は、地元の方15名くらいに、若者!?は私たちだけで、

奈良の食の伝統を、しっかりと受け継いでまいりました

おばあさま方が、それぞれのおうちでやり方がちょっとずつ違うみたいで、「うちではこうするんだけど、」な~んて、お互い意見交換しながら。

ほのぼのとした集まりで、温かい気持ちになりました。

   

         

周囲は、自然いっぱいののどかな風景で、緑に囲まれています。

いい空気をいっぱい吸って、散策しました。

いい一日がすごせました。

Img_6262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリー狩りへ~あすかベリー園

ブルーベリーを求めて、

奈良 明日香にある

一穀あすかの「あすかベリー園」

に行ってきました!

Img_6605

大人800円、小中学生500円、幼児200円

時間制限なし  です。

Img_65691

明日香の、緑いっぱいの、のどかな風景が一望できる、
小高いところにあり、

自然を満喫

それだけで、癒し~

風もさわやかです。

紫色に熟していそうなものを選びながら、

口いっぱいに、頬張りました

Img_6571

   Img_6597   

ブルーベリーの品種は4種類ありました。

品種ごとに、酸味などが違い、食べ比べもおもしろいです。

Img_6601 2種を比較

    ↑全然、違うでしょ?

こちらのブルーベリーは、無農薬なので、からだに優しく、安心してたくさん食べられます。

今まで生きてきた中で、こんなにブルーベリーを食べまくったのは初めて!

そりゃあ、そうですよね。

普通は、ちょこっと、お菓子にトッピングされているくらいですから。

贅沢なことです

採った先からどんどん口に運んでいて、

手渡されたかごの中は、常にからっぽ!?

2時間、採り続け、食べ続けましたが、まだ食べれそう!?
でしたが、気持ちが満足して、帰ろうということになりました。

ひとりなら、もっと粘っていたかも!

ブルーベリーはアントシアニンが多いので、
目に良いといわれますが、

ポリフェノールが多く、抗酸化作用もあって、からだにいいのです。

うれしい~、頑張って食べちゃおう!という気持ちで、どんどん食べてしまったというのもあります。ぐふっ

そこが、ケーキ食べ放題とは、違うところですね(笑)

いっぱい食べても、罪悪感がない!どころか、からだがよろこぶ感じですから~

               

「あすかベリー園」

 アクセスについて・・・

 HPの地図はわかりにくいのと、
 のっている住所は事務所なので、ナビ入力の際、お間違えなくデス。
 (私は間違え、反対方向に行ってしまいました。)

 ナビには、あすか幼稚園 と入れて、目的地へ目指しましょう。

 そこまでいけば、看板が出ていて、すぐです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西テレビ《アップ&UP》の料理コーナー制作のお仕事

今、関西テレビ(8チャンネル)の
《アップ&UP》(14:07-15:00)という番組の、

料理コーナーの制作に携わっています。

7,8,9月で、全6回の放映です。

7月は22日(水)、29日(水)です!

・料理のテーマは?
・どのような料理にする?
・番組の流れは?
・この料理のポイントは?

などをテレビ局の方と話し合い、ひとずつ決めていきます。

料理の先生には、吉川珠美さんに出演していただいています。

大学時代の先輩で、大親友です。

今回、一緒に仕事ができて、夢がひとつかなった形でうれしいです。

彼女は、管理栄養士であり、料理も上手で、しかもソムリエールで、おいしいものが大好き!

今回の料理コーナーでは、
「夏だからこそ、摂りたい栄養」について語ってもらいたかったので、

吉川さんが、ぴったりだったのです。

         

さてさて、番組の内容をご紹介させていただきます。

《アップ&UP》の司会の坂元龍斗アナウンサー(24歳・ちなみに独身男性)が、

「婚活!」にからめて、男性がお料理できるとポイント高いよ~

ということで、

吉川珠美先生のもとで、お料理修業!っていう設定です。

Img_6396

        Img_6390 

            

坂元アナ、お料理の経験は家庭科くらいなんですって。

1人暮らしで、外食ばかりなので、

おうちで、酒のアテにもなるような料理を一品作れたら、オトコ度UP!間違いなし

ということで、

7/22(水)鶏のから揚げ 香味揚げ

7/29(水)えびと鶏のヘルシーカツ

をします。

               

               

料理コーナーでは、

吉川先生に料理を習った後、

坂元アナが関西テレビに帰ってから、

ひとりでキッチンに立って作り、

それを、大物ゲストの控え室に持っていって、試食してもらうというものです!

私の仕事は、その準備やサポート&ひとり料理する坂元アナを見守るということも・・・。

Img_6481
 完成!
 エプロンをはずして、今から、ゲストの楽屋に、
    この料理を持っていきます!!

さて、大物ゲストとは・・・・・・

   Img_6483 楽屋の中に・・・

うっ、明日放映のため、これ以上しゃべるわけにはいかないですね

テレビの仕事は、本を作りあげるのとはまた違った、ワクワク感があります。

収録後に編集されたテープを見ていないので、

私自身も、放映が楽しみです。

よかったら、ご覧ください

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 6月度 終了しました

2歳の子供たちの 料理教室 KIDS COOKING

6月度が終了しました。

今回も、かわいいお友達の笑顔がたくさん見れました。

●献立のテーマ「乾物ってなあに?」

乾物というのは、生ではすぐに腐ってしまう食べ物を、カラカラに乾かすことによって、長持ちさせることができるんだよ、っていう「知恵」があるってことが、

なんとなくでも伝わればいいなということと、

そして、

カラカラ、パリパリしていたものが、水につけると、

ふくらんで、大きくなったり、色が変わったり。

そういう「形や手触りの変化」というのを、五感で感じとって欲しいというのが、

大きなねらいでした。

ひじきご飯

Img_5973 黒くて、小さい、コレなんだ?

   Img_5974 水につけてみよう!

Img_6325
  うわ~っ、ふくらんでるゥ~~これ「ひじき」だ!

  Img_6047 ぎゅ~っと水気を絞っていまぁす。
    茶色いお水が出てきてるね。

Img_6048 Img_6336
 煮汁を合わせ、ひじきを入れて、煮ていこう。

Img_6077 ご飯に混ぜて、

   できあがり~

卵豆腐のお吸い物

今日は、昆布とかつお節で「一番だし」をとりましょう。

Img_6320

 昆布も、水につけたら大きく、やわらかくなってる~

Katuo ちょっと食べてみたら、何かわかる?

 「かつおぶし~」

 Img_6038 かつお節をすくうと、
   これが、一番だしです。

Img_6091 完成っ!

高野豆腐の卵とじ

「みんな、これはなあに?」

Photo

  「つみき~」 なるほど、似ているね

Img_5976 Img_5978
                    つんつん

       しばらくすると

  Img_5995 「お豆腐になった!」

   みんな、発見できたね

Img_5997
高野豆腐を絞る手つき、さまになってます!

Img_6326

  Img_6328_2 Img_6006

まだ、おうちではさみを使わせてなかったというこどもさんでも、
すごい集中力で、頑張って切ってくれています。

Photo_2  きぬさやを小さく切るよ

Img_6023 チョキチョキ

子供たちの記憶にびっくりしたことが・・・

前回、えんどう豆の豆を取り出して豆ごはんにしたことを覚えていて、

きぬさやの中から、豆を取り出そうとしていたのです。

    カワイイ

私は、前回はさやは食べない豆、今回はさやごと食べる豆ということを伝えようと考えていたのですが、

それを話す前に、子供たちのほうから投げかけられた形になりました。

    すごいですね~

Img_6339
 おいしいだしを使った煮汁に、
 高野豆腐をいれて

   Img_6059

卵とじにして、完成です

Img_6060

Img_6088

あんみつ

子供たちが好きなゼリー。

でも、何からできているの?

ここでは、寒天がこんな風にゼリー化していくんだよという「状態変化」を体験する中で、

目で見て、耳で音を聞いて、手でさわって、

子供たちなりに、いろんなことを感じとって欲しいなというのが、

この題材のねらいです。

Img_6314

  寒天をちぎると「バリバリッ」って音がしたよ

  Img_6317 つついて、水に沈めよう

Img_6016 どんな風に変わったかな?

  Img_6019 ぎゅ~っと絞るよ

Img_6035 煮ると溶けるよ

Img_6335 味つけします

黒蜜作り (みんな激しく味見!?)

  Img_6071

    Img_6092 かたく固まったよ!

<いただきます

Photo_3

             

教室のときの、子供たちの反応だけでも、感激していたのに、

後日、おかあさまたちから、おうちでのお子さんの話を聞いて、さらに感動しました。

        たとえば

☆おふろで、タオルに水を含ませて、手のひらではさんでぎゅ~っと絞ったり。

☆ある日、朝食の食パンを、突然、手のひらでぎゅ~っと絞ったり。

     これって、高野豆腐を絞るっていう工程!?

子供たちの中で、すごく印象に残っていたんでしょうね。

手がバターだらけになったなんておっしゃっていましたが、

カワイイですよね~~。

2歳の子供たちの「吸収力」には、本当に驚かされます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『辻調が教える おいしさの公式 洋菓子』

『辻調が教える おいしさの公式 洋菓子』
辻調理師専門学校 編
(筑摩書房)

ができあがりました。

021_2

今回、私がさせていただいた仕事は、原稿の内容の校正です。

料理やお菓子の専門書で、

原稿を読んで、誤りがないかなどをチェックしたり、

文章を補って、伝わりやすいように工夫したり、

などという仕事です。

          

こういうお仕事は、
第一線で活躍されるプロの方から、直接いろんなお話が聞けたり、質問できたりするので、

大好きです。

料理マニア心が満たされるというか

          

ちくま文庫から、料理やお菓子の技術書が出るのは珍しいそうです。

分量、作り方、ポイントが、

文章で説明されていて、

普通の料理本とは違い、読み物として手にとる方もいらっしゃるかもしれないので、

今までにない購買層が開拓できる本かもしれません。

今、流行の、ロールケーキ、生キャラメルのレシピも、きちんとおさえられています。

校正していたら、ロールケーキが作りたくなって、
すぐに作ったら、し~っとりなスポンジが焼けて、感激しましたよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Sybilla(シビラ)の風呂敷

とても素敵な品をいただきました。

Sybilla(シビラ)の風呂敷

Img_6386 AIちゃんより

名前入りができるんですね(*゚▽゚)ノ

風呂敷に代々伝わる家紋というより、

私たち世代には、こういう感覚でつかえたら、粋ですよね

こんな風にしていただいた贈り物って、感動します。

          Img_6387

早速、重箱にマフィンをつめて、

この風呂敷で包んで、お友達のおうちにもっていきました

私も誰かに贈りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NORTH FARM STOCKのミニトマトジュース

これは、かなりのヒット!すっごくおいしい

という、トマトジュースです。

kumiちゃん、一押しの品で、プレゼントしていただきました。
おいしさにびっくり

NORTH FARM STOCKの

MINI TOMATO ミニトマト

CAROTTO MIX キャロットミックス  です。

Img_6489

このミニトマトが、とにかくおいしい。

トマトジュースってどこにでもありますが、
ミニトマトって、あまり聞かないですよね。

トマトはミニトマトのほうが、糖度が高く作れるのです。
また、ミニトマトのほうが、β‐カロテンも多いですしね。

味が濃厚で、糖度が高いミニトマトを、
720ml瓶で、な~んと160個も使用しているそうです。

トマトジュースって、青臭くって、飲みにくいっていうイメージをお持ちの方はたくさんいると思います。

市販の缶のトマトジュースの味では、想像できないような、

フルーツみたいなトマトの味です。

使用しているのは、ミニトマト、食塩のみで、こんなに甘いの!?と驚きです。

もちろんキリッと冷やして、ゴクゴク飲むのでもおいしいのですが、

ほんの少しコンソメを溶いて、

グラスに入れて、

糖度の高いフルーツトマトの角切りとバジリコを散らし、

香り高いエクストラバージンオイルをひとふりすれば、

おいしいトマトの冷製スープができるに違いない!

と妄想を膨らませています☆

大量にゲットしなくては!

ちなみに、サイトから購入できるので、
今年のお中元ギフトは、ミニトマトジュースにしました!

ニンジンは、ミックスジュースになっていて、
ニンジン、リンゴ、レモン果汁に、糖分がプラスされていて、飲みやすいタイプ。

もうちょっとニンジンくさくてもいいかなと、ミニトマトを飲んだ後には思います。

ミニトマトもニンジンも、北海道産。

NORTH FARM STOCKは、北海道岩見沢の会社で、北海道発にこだわっています。

kumiちゃん情報では、

北海道では、テレビや雑誌でよくとりあげられているそうです。

コメンテーターも、このミニトマトジュースには絶賛のよう。

わかるわ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

著書『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』が雑誌に紹介されました-3

著著『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』

製菓の専門誌『製菓製パン』7月号で、紹介していただきました。

018

019

製菓の専門誌のひとつで、

洋菓子、和菓子の菓子職人さんが、定期購読されているような本です。

うれしいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »