« トマトパン | トップページ | 著書『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』が雑誌に紹介されました-3 »

朝日小学生新聞の記事を

キッズキッチン協会のインストラクターとしての仕事で、

朝日小学生新聞(朝日新聞の姉妹版です!)に、

「めばるの煮つけ」のレシピの原稿を書きました。

020

子どもに伝えるときには、

ちょっとした言葉遣いの工夫がいるんです。

たとえば、「三等分にする」より「三つに切る」

のほうが伝わりやすい・・・とか。

私は幼稚園のときに、卵焼きを作っていた記憶があるのですが、

そのときに、どうしても目玉焼きができなかった。

小学1年生のときに、卵が上手に割れて、目玉焼きができるようになって、すっごくうれしくて、

それから、「料理バンザイ」「料理天国」などの料理番組を見てメモを取りながら、

いろんな料理に挑戦するようになったということを、はっきりと覚えています。

子どものころ、料理をするっていうのは、思い出としても深く刻まれるんですね。

この記事を読んで、
料理にチャレンジする子どもたちが増えてくれると、うれしいな~

|

« トマトパン | トップページ | 著書『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』が雑誌に紹介されました-3 »

食のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日小学生新聞の記事を:

« トマトパン | トップページ | 著書『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』が雑誌に紹介されました-3 »