« Panaderia(パナデリア)で著書『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』をご紹介いただきました | トップページ | 自家製のスープカレー »

こどもの日に柏餅を

端午の節句といえば、

柏餅ですね

Img_5420

上新粉を使って、蒸し器で蒸して作りました。

お餅をかたくなりにくくするために、砂糖をトレハロースに一部置き換えて作っています。

今年は主人も一緒に台所に立って楽しんで作ってくれたので、
息子も喜んでいるのではないかな~

     

さて、おいしいねっていって食べながら、
「どうして、柏の葉なの?」と主人に聞かれました。

柏の葉で巻いてあるのは、

古くは柏の葉は、食器として使われていたと考えられていて、
神聖で、凶事や邪気をはらうものだと信じられていたからです。

話はそれるようですが、
柏の葉は、葉の表をお餅側に、葉の裏を外側にして巻くので、
見た目は、葉の裏が表面になっていて、逆のほうが見た目がいいのにな~なんて、思ったことはありませんか?

それは、食器と同じだからです。

お皿もきれいな側に、食事を盛りますよね。

巻き方から、食器として考えられていたということも、わかりますよね。

そして、柏の葉を使うもうひとつの理由が、

柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないため、家系を絶やさないという縁起もかついでいるのです。

子供が健やかに育ってくれますように

|

« Panaderia(パナデリア)で著書『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』をご紹介いただきました | トップページ | 自家製のスープカレー »

食育」カテゴリの記事

コメント

さすが、ちゃんと手作りですね!

さて、うちの夫の実家(淡路島と大阪)では
柏餅は、カシワの葉っぱは無いので
サンキライという葉を山から取ってきて
作っていたそうです。
で、私の実家は・・・
作りません(笑)

投稿: ぱんだ | 2009年5月 7日 (木) 21時21分

サンキライってなんだろうと思って、今ネットを見ましたが、
なるほど~、いけばなで見たことありました。
これをサンキライっていうんだね。
いけばなでは、大きい葉はついていないイメージですが、柏の葉みたいな葉がつくんだね。

投稿: まきすけ | 2009年5月 8日 (金) 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどもの日に柏餅を:

« Panaderia(パナデリア)で著書『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』をご紹介いただきました | トップページ | 自家製のスープカレー »