« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

トラットリア ラ・クロチェッタ(La Crocetta)~Part2

奈良市中町のトラットリア ラ・クロチェッタ(La Crocetta)に、

ママ&2歳の子供 の5組で行ってきました

普段は、イタリアンに行きたくても、なかなか行けない、
または行ってもヒヤヒヤの連続だったりするんだけど、

今日は、個室を貸切ました!

●前菜

Img_4336

●パスタ

 2種から選べます。

 私はイカ墨にしました☆
 ちょっとソースがゆるかったんだけど、た~っぷり入っていました。

 パスタのゆで加減はいつもながら、ほどよくアルデンテです。

  Img_4346_2

                                                         Img_4339_3

 器もモダンな形のものが多いですよ。

 こういうお皿って重ねて収納ができないし、洗い場が山積みになるから、

 なかなか買うのを躊躇してしまいがちなんだけど、

 こうしてお店ででてくると、やっぱりほしいな~となるんですよね。

●子供用の特別メニュー

 このお店では、これにも感激しました。

 今日ある食材で、メニューにはない、子供用のパスタを特別に作ってくださるのです。

 ミートボールとブロッコリー&じゃがいものパスタ

       Img_4341

       トマト&生クリームのソースでまろやか

 スパゲッティだと、長くて洋服がソースで汚れるから、
 ショートパスタで作りますね、というシェフの配慮がうれしかったです。

 子供用といっても、食材が子供用なだけで、味は本格派。

 残してもいいよ~なんて、心で思っていたら、

 子供はおいしいものは、ちゃ~~んとわかってる!完食(゚ー゚)

 この日の子供パスタは1皿1200円で作ってくれました。
 子供5人で2皿注文してちょうどいい量。
 5人に分けてもってきてくれました。

 すっごいサービスで、

 大人はもちろんフォカッチャなどのパンは好きなだけおかわりできるのですが、

 子供にもたくさん食べていいよ!とサービスしてくれるんです。

 子供用にはかわいい食器を出してくれるし、

 お店の子供に対しての対応に、心温まるものを感じました。

●デザート

 Img_4364

      Img_4365

 アイスクリーム&ケーキの本来のデザートのほかに、

 このときは、バレンタインデーの前の日だったので、

 特別に、マカロン&マシュマロ(手作り)をつけてくれました。

とても気持ちよくお食事して、帰ることができました。

シェフにお聞きすると、ママ&幼稚園くらいのお子さんでちょっとしたパーティーに使ったりという方もいらっしゃるそうです。

個室にはドアがついているので、

しめてしまうと、中のガヤガヤした状態が、外に漏れにくいので、

子供の動きを制止することなく
(親の都合で子供を怒るのも自分勝手だしね)、

楽しくお食事することができます。

やっぱりこの歳の子供が集まれば、テーブルのまわりをうろうろしたり、

テーブルの下にもぐったりなんて、当たり前!

それをおだやかな気持ちで見守りながら、おいしいものが食べられるなんて、

とってもリフレッシュできました☆

 

                    

トラットリア ラ・クロチェッタ

  奈良市中町313-3
  電話          0742-51-5660      
  ランチ 11~14:30、ディナー 18~22、その間はカフェ
  月曜休

    

 

                                                       

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラットリア ラ・クロチェッタ(La Crocetta)~奈良

奈良 中町の「トラットリア ラ・クロチェッタ

車でしか行けない立地で、まわりには建物が少なく、がら~んとした土地に建っている一軒家。

Img_2715  車も20台も泊められるんですよ!

シェフはまだお若い、西岡シェフ。

シェフは笑顔が人なつっこく、ちょっと幼げな表情を残した男性で、とにかく感じがよいんです。

La Crocettaとは、イタリア語で、「交差する」とか「十字路」とかいう意味があるそうです。

人が行き交うお店にしたくて、このような名前をつけられたとか。

                

土曜に、ランチ1600円をいただきましたが、満席。

この立地にして、満席とは!

(行かれたらわかりますが、阪奈道路から少しはずれたら、どっぷり田舎なんだと思いました。)

●前菜盛り合わせ&スープ

Img_2681

●自家製パン

フォカッチャも丸いパンも手作りです。

Img_2685

●パスタ

Img_2687

または、ピッツァです。
ピッツァは、釜がないので、オーブン焼きなのでしょう。
パリパリで、かためなので、

断然パスタがおすすめ!

パスタにしてください。

           一応 Img_2690

●デザート

Img_2701

           カフェ  Img_2712

           

            

お店は、入ったら、まずカウンターがあります。

カウンターでシェフとお話しながらいただくのも、きっと楽しいんだろうな♪っていう、距離感です。

   1  Img_2699

シンプルな感じで、モダンすぎず、だからといって、カジュアルなわけでもなく、

満席だったから、活気がありましたよ。

このお店の魅力は、

イタリアで買い付けた雑貨が売られていることです

女の子にはうれし~

それが、かわいいんですよ

Img_2713

意外に低価格なものがあったりして、えっ!?この値段でいいの?

なんていう、掘り出しものも。

        

私は、奈良のお店は子連れで行くことになるので、

レストランに子連れでいくと、

(仕事柄、特に、シェフ側の気持ちを汲み取ってしまうので)

お店の雰囲気を壊してしまうようで、

申し訳ない気持ちになるのですが、

こちらのお店の感じのよさといったら

子供の食器も、きちんと陶器で、しかもかわいいカトラリーで、

子供の椅子もす~っと出てきて・・・

洗面所には、手を洗う場所に子供用のステップがあったり

など、子持ちでないと気を配れない!?というところまでの配慮を感じるのですが、

ただ、そういうところではないんです。

シェフが子供に対しても温かいまなざしを送ってくれて、

子連れでも、すごく居心地がよかったんです。

気持ちよく、食事ができた。

これって、シェフが作り出す、雰囲気なんでしょうね。

ちなみに、シェフはまだ20代のはずですよ。

そんなに、その部分をほめたら、

子連れ組ばかりが多くなって、

それこそ「シェフ、ゴメンナサイ」という感じですが、

そういう意味で、こっそりお友達に教えてあげたくなるお店です。

帰りがけに、シェフにそのことを告げたら、

個室でMAMA&コドモで、パーティーしてもいいって

と教えてもらって、

さっそく、お友達を誘って、企画したアタシでした

             →つづく

                    

トラットリア ラ・クロチェッタ

  奈良市中町313-3
  電話0742-51-5660
  ランチ 11~14:30、ディナー 18~22、その間はカフェ
  月曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京黒ロール 「くろまる」

ロールケーキ、人気ですね。

最近、女性グルメ誌の京都特集などで、たびたび取りあげられていた

京都黒ロール 「くろまる」

を買ってみました。

Img_4092 まっくろ~!!

生地に、 竹炭 が練りこまれているそうですよ。

なるほど、だから、黒いんだ~!

インパクト大

私がこのロールケーキの気になっていた点は、

食べてみたい・・・という味のことよりも、

その背景。

ふつうは、

「このケーキは、何ていうお菓子屋さんで売ってるの?」

ということになりますが、

インデンスタイルという、フードビジネスの会社が手がけているお菓子なのです。

インデンスタイルは、京都でカフェや居酒屋などを展開している会社です。

ロールケーキのブームにのって、

何か京都を打ち出せる、他にない商品を作ろうとしたんですね。

このケーキができるまでのいきさつが、何かフードのビジネス雑誌などに取りあげられていたら、ぜひ読んでみたいですね~。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごクッキー

Riu mamaさんにいただいた

いちごクッキー

Img_4241

早春を感じさせますね~

ピンク色でかわいくって、

いちごのさわやかな酸味もしっかりと残ってるんですよ

       

奈良のならまちにある

ロカシカ・カフェのお菓子屋さんで、買ってきてくれたそうです。

だ・か・ら、

Img_4262

ロカシカ
  ↓
キュートな鹿さんのクッキーも、一緒に!

目がハート

このクッキーの形めちゃくちゃかわいい、
この型欲しいなあ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごセミナー開催のご案内

          農園 体験型セミナー

   いちごについて、

    学ぼう&味わおう

     おいしいいちごはこうして生まれるんだ !    

                  

日時  419日(日曜) 

     13301500

      集合: 13:15 JR帯解(おびとけ)駅              (奈良駅から桜井線で2駅)

場所  奈良 

帯解

     「萩原農園」

      奈良県奈良市山町45 

費用  2500

   (いちごの講義 & いちご狩り

 ※同伴のお子さまは、小学生1000円、幼稚園800円、未就園600

第一部 いちごのなぜ?なに?

         他の果物と違って、その県ごとに、特産のいちごがあるのはなぜ?
 
 全国的に有名な、とちおとめ(栃木名産)やあまおう(福岡名産)をなぜ、奈良では作らないの?

         

いちごは表面につぶつぶの種があるけど、そこからいちごはできるの?

         

いちごは、他の果物よりも、品種改良が盛んに行われているのはなぜ?

         

農薬を減らして栽培するための、驚きの工夫とは?

         

露地栽培、ハウス栽培、温室栽培では、どんな風に違うの?水耕は可能?

         

おいしいいちごの条件とは?

         いちご栽培のこれからの可能性とは?      など、いろんな疑問にお答えしてくれます。

第二部 とれたての「あま~い」いちごを頬張っちゃおう

本当においしいいちごは、農園でいただくべし!!

スーパーで売られているいちごとは、ぜ~んぜん違う「完熟した いちご」が食べられます!

甘く、フレッシュな味を、心ゆくまで、お楽しみください。

              

申し込み先

 主催者は、私です。私のメルアドをご存知の方は直接ご連絡ください。また、本ブログのコメント欄に、申し込みしたいとの旨、メールアドレス欄に記入(掲載されないようになっていますのでご安心ください)して、ご送信いただければ、返信させていただきます。

           

セミナー開催の経緯

 先日、縁あって、こちらの萩原いちご農園をご紹介いただき、栽培などのお話を聞かせてくださいとのことでおうかがいしたところ、そのお話が目からうろこ級におもしろく、素朴なへえ~~~!!!の連続。

 そして、観光農園でもないのに、いちご狩りを特別にさせていただき、おいしさにも大満足で、満たされた気持ちになりました。

 こういった、「生きたお話」っていうのをなかなか聞ける機会ってないですよね。食材事典で調べても、聞けないような、お話です。

 でもこれをかみくだいて話してあげたら、小学生でもなるほど、そうだったのかと思うような興味の内容なんですヨ。

 

 私はこのようなセミナーをこれからも開いていきたいと思っているのは、食が大好きな人というのは、ビビッと引き合う感性を持っていると思うんです。

 セミナーがきっかけに、そこから、農園の方と私を越えて人間関係を作っていただいてもいいですし、興味の幅が広がるきっかけになってくれたらうれしいし、

 私の周りの「たべもの好き」の方たちみなさんと、共有できるものがあったらうれしいな~という想いから行なっています。

 ご興味ある方はご連絡くださいね。

(

)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »