« ラーメン道~札幌 | トップページ | サプライズに感激 »

ニンジンたっぷりのポタージュ

ニンジンの旬って?

実は11月です。

ニンジンは、年中出回っているので、旬を感じることが少ないかもしれませんが、
11月は確実に安い!
通常は、3本で140円くらいですが、
この時期は、100円程度で手に入ります。

旬の野菜は、安いだけでなく、
栄養価がそのほかの時期よりも高いのが特徴です。

旬のニンジンをた~っぷり使ったポタージュを、
この秋は何度も作りました。

Img_2508_2

4人分で、ニンジン5本を使います!

普段、肉じゃがやシチューを作るときを考えても、
せいぜい1~2本使うくらいですよね。

Img_2502 ニンジンの薄切りでフードプロセッサーが満杯

材料はいたってシンプル

 ニンジン(5本)、タマネギ(1/2個)、牛乳(800cc)、
 コンソメ(1~2個)、塩、コショウ

調理法に工夫して、ニンジンの甘味とうまみを存分に引き出しています。
その工夫で、ニンジンくささは、ま~ったく出ないのです。

ニンジン嫌いのお友達に、
そうとは知らずに、お出ししてしまったのですが、

「実は、ニンジンが嫌いだったけれど、このポタージュはおいしく食べられた!」
といっていただいて、
しかも、ぜ~んぶ食べた後にそういってもらえて、ほっ

            

            

もともとフランス料理に、ニンジンのポタージュがあります。
それは、もっとニンジンの量が少なくて、
ポタージュのとろみを、米を加えてつけるのが特徴です。

ふつう、ポタージュのとろみは、
ルウのように、小麦粉を使いますが、
ニンジンのポタージュの場合のみ、米なんです。
生米と一緒に煮るのです。

米に含まれるデンプンでつくとろみ加減は、
小麦粉よりもさらっとしていて、

しかも、米には甘味があって、ニンジンと相性がいいから、
この料理だけは、米を使うようです。

では、わたし作のニンジンのポタージュはというと、

ニンジンをたくさん入れることで、とろみがついています。

ニンジンは、カボチャやジャガイモのポタージュをつくる場合に比べて、
とろみがつきにくいのです。

カボチャ、ジャガイモには、デンプン質が多いので、
それがとろみとなりますが、
ニンジンはデンプンが少ないので、そうはいきません。

それで、ニンジンだけでとろみをつけようと思うと、
こ~んなに大量になるのです。

             

こんな風に、たくさんの野菜を摂ると、
カラダに栄養がしみわたる気がして、
うれしくなっちゃいます。

日々いただくものは、
そんな感じで、カラダが喜ぶものが理想ですね。

|

« ラーメン道~札幌 | トップページ | サプライズに感激 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

スライスしたニンジンを茹でるのかしら?

それから再びフードプロセッサー?

ニンジンのはいつも作ってみようと思いつつ、
ニンジン臭さが怖くて、作ったことないの~。

作ってみようかしら。。。

投稿: kumi | 2009年2月12日 (木) 15時45分

ニンジンを無水でゆでるとものすごく甘味がでるのを、利用した作り方なんだ。今度、パソコンからレシピ送るね。主人のお母さんがニンジン嫌いということをすっかりわすれて、おいしいスープができたとお渡ししてしまったわたし。渡しても気づかなくて、タッパーをかえしてもらうときに「ニンジンくさくないから、わたしでもおいしくいただけたわ」といわれて、ヤバーイ(笑) (^O^)でも喜んでもらえてよかった。とゆーわけで、なかなかいけるよ!

投稿: まきすけ | 2009年2月12日 (木) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニンジンたっぷりのポタージュ:

« ラーメン道~札幌 | トップページ | サプライズに感激 »