« Convivialité(コンヴィヴィアリテ)~大阪 フレンチ | トップページ | 赤色のキウイフルーツ »

続:Convivialité(コンヴィヴィアリテ)~大阪 フレンチ

コンヴィヴィアリテでいただいた フレンチ の続きを・・・

●白身魚を生ハムで巻いたソテー 

Img_1159

料理名を覚えられなかったのですが、

きつめに塩をしている白身魚に、生ハムを巻いて、中をしっとりと焼き上げています。

生ハムを使い、イタリアンの要素も取り入れた料理なんです。

私が勝手にイメージしたのは、サルティンボッカというイタリア料理。
ローマの料理で、子牛肉を生ハムで巻いて焼いた料理です。

でも、こちらはお魚。魚介も同様に生ハムで巻いてソテーする料理ってありますよね。
白身魚も、イタリアの塩漬けしたたらっぽい。

この想像力は、本当に勝手なものなので、あしからず。

そして、ソースはブルゴーニュ風にエスカルゴで。

それに合うのは、通常エスカルゴバターといって、バター&パセリのソースになるのですが、

な~んと、香菜(パクチー)が合わされてるんですよ!

これにはびっくり。フレンチにパクチー?

パクチーはエスニックの固定概念が。

でも、その固定概念を崩すような、インパクトある味で、これがマッチしているんです。

塩気のきいた白身魚に生ハム、どこか単調になりがちな味に、

勢いのよいアクセントとなっていました。

ちなみに、この料理に使われていた器、今欲しいんです~。

      Img_1158

●牛テールの赤ワイン煮

Img_1161

とろ~っと口の中でとろけるような、牛テールって、好き~☆

クレピネット(網脂)で包んであります。

やっぱり、ワインが必要ですね~。

●枝豆のブリュレ 2種のビールのアイスクリーム添え

12      Img_1163

これこそ、安尾シェフの遊び心がつまった一品です。

夏に食べにいったので、旬の枝豆がブリュレに。

そして、ビールに枝豆の発想で、アイスクリームがビールになってますw(゚o゚)w

ビール・・・ピルスナー(エビス)
      黒ビール(ギネス)

な、な、な~んと、ピルスナーとギネスの黒ビールを交互にいただいたり、混ぜたりすると、ハーフ&ハーフになるわけです。

バーで、ビールを頼むときに、ハーフ&ハーフってありますよね。

この心憎い発想が、お客さまを楽しませるんですね~。

いや~、うきうきしながら食べてしまいました。

●チョコレートフォンダンのケーキ サフランのアイスクリーム

一緒にランチしたYakkoちゃんのご注文はこちら

Img_1166

注文してから焼き上げてくれる、とろけるチョコレートの熱いケーキに、

サフランのアイスクリームがのせてあります。

この組み合わせ、レストランでよく出てくるんです。

お菓子屋さんでサフランのアイスクリームはなかなか見かけませんが、

レストランの厨房には料理に使うのであるんです。

このサフランは、ブイヤベース、パエリアなどに使うのですが、卵や乳製品と相性がよく、甘味もひきたてられるような。

枝豆のブリュレと迷いましたが、おすそわけをいただけて、大満足!

サフランって、めちゃめちゃ高級なんですよ。
だって、0.5gが500円なんですもの。

      

●プティフール

Img_1169  Img_1170

え~!これで、まだ、プティフールが出てくるの!?

ランチなのに、すごい。

しかも、ワゴンサービスで、お好きなものを お好きなだけ。

おなかいっぱいだけど、もちろんいただきます。

キャラメル・ムーには、塩が入っていました。きっとマルドンの塩かしら?なんて、またまた勝手に想像したりして。

クッキー、ココナッツの焼き菓子、ミニティラミス風ケーキなど

                              

こちらのお店では、静かにゆっくりとお食事を楽しめます。

新町って、フレンチやイタリアンのお店の激戦区ですが、

カジュアルなお店と正統派のお店が混在している感じも。

その中で、一歩お店に入ると、外とは別世界のモダンで静かな空間で、

客数も少ないから、丁寧なサービスが受けられ、お料理も丁寧にクオリティ高く作られています。

  Img_1171

ランチなのに、満足度はディナーっていう感じでした。

また、時期を変えて、行きたいお店です。

                            

Convivialité (コンヴィヴィアリテ)

 大阪市西区新町1-17-17
 電話JP +81 665324880 通話   
  定休日 木曜
 

|

« Convivialité(コンヴィヴィアリテ)~大阪 フレンチ | トップページ | 赤色のキウイフルーツ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続:Convivialité(コンヴィヴィアリテ)~大阪 フレンチ:

« Convivialité(コンヴィヴィアリテ)~大阪 フレンチ | トップページ | 赤色のキウイフルーツ »