« 子供用のコック服 | トップページ | アルペンローゼでモーニングを »

キッズキッチン・子供料理教室~2008年9月

キッズ キッチン 協会主催の、子供料理教室で、講師を務めました。

昨日3歳になったばかりの子~10歳の子まで、27名が参加しました。
幼稚園に通っているくらいの子供たちが多かったです。

場所は、万博公園前の、大阪ガスのショールームDILIPAにて。

みなさん遠くから足を運んでくれました。

まずは、私のデモから。

 Photo_2

子供たちは集中力を切らすことなく、30分以上のデモを聞いてくれていました。

●本日のメニュー「実りの秋」

  さつまいもご飯
  豆腐とみつばのすまし汁
  さんまの煮付け
  きのこの佃煮

Photo

もちろん、3歳でも全部作れます!

               

まずは、さつまいもご飯から作りましょう。

Photo_3

昆布とかつおから、おいしいだしをとって、すまし汁を作ります。

Photo  かつおぶしをこしています

ぼくも豆腐を手のひらの上で、切れちゃうもんね!

        Photo_2

         ↑みんな、そ~っと、真剣です!

きのこの佃煮は、4種のきのこを切ります。

Photo_3

そして、さんまもおろしていきます。
もちろん、みんな、初体験!

それでも、み~~んな、上手にできるんですよ。

  Photo_4 頭落として

Photo_5 はらわたを取り出します

こ~んなに小さい子も、同じように頑張ってるでしょ?

見ているこちらのほうが、感激するんですよ。

これだけの料理を、子供の手だけで、

大人は一切手を出すことなしで、1時間半足らずで、作りあげていくんですよ。

さあ、「いただきます」。

    Photo_6

               

大人の料理教室とは違って、

料理の技術を磨くことが目的ではありません。

五感をフルに働かせる、こういった動きは料理ならではですし、

できあがったときの、達成感、喜びというのは、
本当に大きいんです。

それが、たった1時間半の調理で、体験できるんですよ。

豆腐を手のひらの上で切れたよ!
さんまをおろせたよ!

さまざまなことが、自信となって積み重なっていくんです。

               

お知り合いのお子さんも何人も来てくれました。

ありがとうございます。

後で聞いてみると、みなさん口をそろえておっしゃるのが、

その日から、はりきって毎日、エプロンつけて、お料理を手伝ってくれるんですよ、と。

そして、おうちでも、このお料理を早速作って、
ご家族みんなにご披露したそうです。

親御さんは、涙が出るほど、その成長がうれしいですよね。

お子さんも、みんなに喜んでもらえて、「自分の存在価値」というものを、感じられるのではないでしょうか。

それが、生きる力になってくれればうれしいですね。

3歳になりたてのお子さんもそうなんです。

そんな話を聞くと、驚きとともに、感動ですよね。

|

« 子供用のコック服 | トップページ | アルペンローゼでモーニングを »

食育」カテゴリの記事

コメント

まきちゃん、すてきなことしてる
以前、料理が苦手だったりあまりしない女性が簡単に料理をつくれるようにレシピをつくって、お相手が喜ぶのをみて。。。。ってお話してくれたけれど、
それもそうだけれど、
このちびっこクッキング、もうこれぞまきちゃんの究極って感じます。家族全体がしあわせを味わえますね。

まきちゃん最高よ

投稿: あけみ | 2008年10月20日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キッズキッチン・子供料理教室~2008年9月:

« 子供用のコック服 | トップページ | アルペンローゼでモーニングを »