« ギャラリーカフェ「人と木」 | トップページ | こいのぼりケーキ »

西洋厨房 いとう ~京都のフレンチ

シェフひとりでやっている、こだわりのカウンターフレンチ

「西洋厨房 いとう」

あえて、店名を流行りのフランス語にせず、
カジュアルなビストロとも、レストランとも冠せず、

西洋厨房とだけいって、自分のおいしいと思ったものを、素材のうまさを生かすスタイルで出す。

そんなこだわりすら感じさせるお店です。

場所は、京都市東山 知恩院のすぐそばの路地で、

私が訪れた昼間は、目立つ場所ではありません。

野菜に力を入れていて、野菜のおいしさにはっとさせられると聞いて、
それを楽しみに行きました。

おまかせランチ 

●野菜メインの前菜

Img_0002

茎の黒い「コウタイ菜」
 菜の花かと思ったら、茎が黒くて食感が違う。
 中国野菜で、菜の花と同じアブラナ科の野菜のようです。

茎の赤い「ふだん草」
 ふだん草って普通は茎が緑色。
 南仏に旅行に行ったときに、ふだん草がお菓子にいっぱい使われていてカルチャーショック!?でした。
 日本でも栽培されているのは知っていましたが、スーパーには並ばないので、久しぶりにいただきました。
 一緒に行ったお友達には、黄色の茎のふだん草が。
 124

島らっきょう

安納芋

黄色にんじん     などなど 珍しい野菜がいっぱい~

シェフが生産者のもとに出向いて、素材の味が力強い野菜を買っているそうです。

野菜に注目し過ぎて、魚の存在が薄くなってしまいましたが、

魚は、三重県の尾鷲や丹後からの直送を中心に扱っているそうです。

●白身魚のロースト 菜の花を添えて

Img_0004

菜の花の盛り付け方が豪快でシンプル。

魚は、日本料理みたいに、深く切り込みを入れて、皮自体に含まれている脂を利用してカリッと焼き上げています。

このお店のスタイルは、
生クリームやバターを使わないということ。

それなので、とてもとても軽い。

●鹿肉のシヴェ

シヴェとは血を使ってとろみをつけたソース。

この料理があるって聞いて、迷わずおまかせコースにしました。

Img_00061

4月だったので、出始めのたけのこのローストがガルニチュールとして添えられています。

普通は、ソースの最後にバターでモンテしてコクをつけるんですが、それもされていないので、とにかくあっさり。

バターモンテは深みを与えるだけでなく、油脂で鹿のクセもマスクされるような気がするんですが、

そのクセさえ、さほど感じられないところが、軽く仕上がってるなと思いました。

一緒に行ったYakkoちゃんは、イベリコ豚の舌(タン)の煮込みをチョイス

Img_0008 

皮つきで調理されていて、皮がかたければ除いて食べるということでしたが、食べられちゃうほどやわらかい。

●ブラマンジェ シャンパン風味のいちごソースで

Img_0010

ギリギリ固まっているという感じの、限りないとろとろさ。

ここでも生クリームが使われていないので、どちらかというとミルクゼリーっていう趣も。

甘さの中に不思議に塩味がしたんだけど、塩味でなくてもよかったかなあ。

                

これで、コースは終了。

最後はハーブティーをいただきながら、シェフの伊藤氏とお話しさせていただきました。

「おなかに全くもたれないでしょ?」

といわれるくらい、結構量は食べているはずなのに、まだ、胃にすきまがあいていました。

落ち着いた年代の人に人気があるのもわかるな~。

今日いただいたコースは、ディナーで食べると6000円や8000円で出てくるような食材ということで、ランチのお得感を感じました。

野菜は最初は大原中心に仕入れていたけれど、今は県内のおいしい農家から入荷しているそう。

京都の地野菜を堪能でき、勉強にもなりました。

ふつうこだわりのシェフって寡黙だけど、落ち着いた雰囲気でとてもお話がうまいので、

絶対、前職は調理師学校の先生じゃないかと思ってお尋ねしたら、

やっぱりね、京調の先生でした。(私って、すごい勘!)

そして、カウンター席からちらりと見える奥の厨房が、とにかくピッカピカ。磨きこまれている風で、

そういう丁寧さが、料理の丁寧さにつながっているんだなと思いました。

お話ししていると、随所にこだわりを感じさせられて、

次また訪れるときも、ランチにして、後でゆっくりお話しできたら、楽しいなと思ってしまいました。

これからの季節は北海道産のアスパラが食べられるそうですよ。

シェフは毎年札幌で食べ歩いているそうで、そんな話もはずみました。

                  

「西洋厨房 いとう」

 京都市東山区古門町通石橋町307
 電話 JP +81 755330500 通話
  お店のHP http://www.h7.dion.ne.jp/~verite/index.html
 紹介HP http://o.e-kyoto.net/shop/itou.html

|

« ギャラリーカフェ「人と木」 | トップページ | こいのぼりケーキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西洋厨房 いとう ~京都のフレンチ:

« ギャラリーカフェ「人と木」 | トップページ | こいのぼりケーキ »