« 上賀茂神社手作り市に出店 2008.4 | トップページ | ギャラリーカフェ「人と木」 »

IZZE

“IZZE”(イズィ)という名のスパークリングジュース。

Img_0072

100%フルーツジュースとスパークリングウォーター(炭酸水)をブレンドした飲料で、

炭酸ジュースなのに、糖や甘味料、添加物が一切入っていないジュースです。

ブルーベリー、アップル、ざくろ、ブラックベリーの4種を飲みました。

微炭酸とうたわれていたけれど、
十分炭酸はシッカリ。

100%ジュースベースの炭酸って、おいしい~。

アメリカ発のジュースで、ラベルがおしゃれな感じがカワイイ!

パッケージもナイスでした。

Img_0068

|

« 上賀茂神社手作り市に出店 2008.4 | トップページ | ギャラリーカフェ「人と木」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私ね、実は炭酸飲料飲めないんです。
ビールも…。

いいなぁ、おいしく飲めるものがたくさんあって。

投稿: ぱんだ | 2008年5月16日 (金) 16時17分

ぱんださん、炭酸飲料だめだったんだね。
それでも、自分の子供には、小さいうちは、炭酸飲料が苦手になって欲しかったりして!?
こんな風に、砂糖不使用のナチュラルなものだったらいいけど、普通の500mlのコーラとかって、角砂糖10個前後の糖分が添加されてるでしょ?
う~~ん、なるべく、好きにならないで欲しいな、なんて、親の勝手な言い分ですね。

投稿: まきすけ | 2008年5月16日 (金) 17時07分

うーん、なんで私が飲めないかというと
やっぱり飲みなれてないからなんですね。
いい年して(笑)

私の母も、当時にしてはかなり先進的?!な育児をしてくれて、
お菓子・ジュース・甘いもの系は本当に小さいときは縁遠かったです。おばあちゃんちに行った時とか、山登りの時とか、とにかく普通の時に甘いものは基本なかったです。

もちろん、コーラとかもほとんど飲んだことなかったな。
ジュースはきっと年に数えるほど、オレンジジュースくらいでした。

で、それなりに小学生とかになってお友達の家でコーラなんかに出会ったけど、
私の口には合わなかったのです。
アルコールもそんなに好きじゃないからビールも嫌だし。

同じ親に育てられたうちの兄はというと
ビール大好き、コーラも大丈夫ですが…。

私も自分の子供にはせめて小学校に上がるくらいまでは炭酸飲料は飲ませないつもりよ~

投稿: ぱんだ | 2008年5月18日 (日) 14時00分

このジュース、実は先日のロハスフェアの時に新聞折込に掲載していたんですよ。ボトルもおしゃれでかわいいですよね。

私も子供には炭酸を飲ませていませんでした。だから、7歳になったいまでも炭酸ジュースは嫌いでオレンジジュースとりんごジュースの100%のものしか口に合わないみたいです。
さらに、チョコレートを食べさせなかったのでチョコも嫌い!
わー、これで肥満とは無縁!?ってちょっと短絡的??

投稿: ゆうりんママ | 2008年5月19日 (月) 10時33分

ぱんださん、ゆうりんママさんの話を聞いて、食べさせなければ、お菓子でも苦手になるものなんですね~。食べさせないのにも努力が必要ですよね。親の努力がえらいと思います!子どもはお友達が食べていたら興味も出るだろうし。私もスナック菓子は、親がお菓子を選んで食べさせる年齢の間は、あえて選ばず、できれば自然派だったり手作りだったり、そういうものを食べさせて育てたいな、と思ってます。成長にしたがって、好みもその方向に向いてくれたらいいですが、案外、親がダメといいすぎると、反動が出るかもしれないし、楽しみを奪っても、、という感じなので、本当に上手にもっていければいいですよね~。子どもの性格にもよるなあ~。ジュース100%しか口に合わないというのを、うらやましがるお母さんも多いのではないですか?
親の意識って大切だな、とつくづく考えさせられました。
ゆうりんママさん、そうです!これは、近鉄百貨店のロハスフェアの広告を見て、絶対ゲットしようと思って、あの日に買ったものですヨ。

投稿: まきすけ | 2008年5月19日 (月) 15時00分

興味深い話題なので、またコメントさせていただきます。
私も手作りや自然派のものを!と思っていました。
けれど、お友達ができると、その友達のお母さんが遊びに行ったときにどんなお菓子を与えるかってまちまちですよね。
私は、「出されたものは食べる」主義(笑)なので子供にスナック菓子を出されたらそれを嫌な顔をせずに食べさせてはいました。中には「ごめん、私スナック菓子はあたえたくないねん」と断固拒否するママ友もいたけれど、それって関係が微妙になっちゃったりするんですよね。
保育園に通わせても、公立だったからふつーにスナック菓子登場していましたし、遠足の時や、クラス会やらで3歳時にハイチュウとかの世界。(ハイチュウは虫歯になりやすいので本当にイヤでした。)
小学校にあがっても子ども会でマックに連れていかれるとか様々な障害がありますよー。うちの子はハンバーガーが嫌いなようで、ますます困ったり。
何をどのように子供に与えるか、食べ物だけではないけれどちょっと気をつかいますね。

投稿: ゆうりんママ | 2008年5月21日 (水) 10時50分

ゆうりんママさん、ありがとうございます。ゆうりんママさんのお話を深く聞くほどに、考えが似ていてうれしくなります。私も、そういうスタンスです。食事はもちろんですが、それよりも、お菓子とジュースを気をつけてあげるだけで、かなり違うと思います。表面上は、その違いがわかりにくいのですが、血糖値の上がり方などを考えたら、子どもの体を作る時期に何を与えるかっていうところには、こだわりたいですね。結局、栄養は、情緒にも関係してきますから。でも、それによって、子どもも我慢と感じて嫌な想いをしたり、知らないで友達に嫌な想いをさせたり(カラダに悪いんだよとか、私がいったことを素直に他人に向けていった場合、うまく伝わらないことってありますよね)してもかわいそうなので、「上手にやる」「押し付けない」ということを大切にしながら、やっていかなくちゃいけないですよね。食事より、難しい~~~

投稿: まきすけ | 2008年5月26日 (月) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IZZE:

« 上賀茂神社手作り市に出店 2008.4 | トップページ | ギャラリーカフェ「人と木」 »