« ひな祭りといえば | トップページ | 北浜レトロ vol.2 »

北浜レトロ vol.1

英国伝統菓子舗&紅茶室「北浜レトロ」

こちらで、アフタヌーンティーセットをいただきました。

Img_9834

煉瓦造りの洋館は、明治45年築の登録文化財に指定されて、趣があります。

当時、証券会社の商館として建てられ、戦後は商社として利用された後、廃ビルとなっていました。
そこを今から約10年前、建築当時の雰囲気をそのままにして
「北浜レトロ」がオープンしました。

こちらは、純英国風のティールームとして有名で、
正統派のアフタヌーンティーセットがいただけるということで、
紅茶好きのChiakiちゃんと一緒に行きました。

●トラディッショナル・アフタニューンティー \2100

好みのケーキ、スコーン2種、紅茶が選べます。

Img_9816 これで1人分!

ウェッジウッドのワイルドストロベリーの食器で豪華~。

皿やカップは、ウェッジウッドのさまざまな種類のものが使われていて、それもまた楽しみですね~。

まずは、フィンガーサンドウィッチから。

Img_9818

このお店のキューカンバー(きゅうり)サンドは、ハムもはさまっていました。

イギリスでは、きゅうりのサンドウィッチがよくアフタヌーンティーで出されるそうです。

日本人にしてみたら、なんできゅうりなの!?とさみしく思うのではないかと思いますが、

一説によると、イギリスは寒くて、きゅうりは露地では育たないから、温室で育てることになる・・・温室で育った野菜=高級 ということで、貴族に喜ばれたとか。

軽くて胃にもやさしいという気はしますね。

お次は、スコーン!これがお目当てでした。

Img_9820

スコーンは、プレーンと紅茶を私はチョイス。

ほかには、くるみ、レーズン、チョコチップ、ごま、きなこ、黒糖、あずき、抹茶、しょうががありました。

以前からおいしいスコーンが自分で焼けたらな~と思っているのですが

じゃあ、おいしいスコーンって、どんなもの?という、自分の中のものさしを作りたくって、

紅茶好きのChiakiちゃんと、連れ立って、いろんな店のアフタヌーンティーを経験しよう!と盛り上がったのが、そもそもの今日のきっかけでした。

ということで、私はスタンダードな味の2個をチョイスしましたが、
Chiakiちゃんは、きなこなどの変り種を頼んでくれて、しっかりそちらと半分にして、食べましたよ~

こちらのスコーンは、縦のびがしてますね。

Chiakiちゃんいわく、真ん中が口あけたようにぱっくり割れているのって、良品なんだよとのこと。

しっかり、これは割れていますね。

そこから、半分に割って、クロテッドクリームやジャムをつけて食べるのです。

ちなみに、ジャムは、ベリー&ストロベリーでした。

クロテッドクリームは高価なのでちょこっとついていて、あとは生クリーム。
正式にはクロテッドなので、追加料金でクロテッドたくさんっていうこともできます。

口に含むと、きめが細かくて、ベーキングパウダーの苦味が感じられなくて、goodでした。

ここで、かなりお腹が満たされてくるんですが、まだまだ!

お次はケーキです。

ケーキのラインナップは、
<純生ケーキ>山盛りベリー、ブルーベリーと白桃の純生ケーキ、苺とマスカルポーネのティラミス風ケーキ

<チーズケーキ>プレーン、特濃、ロンドンスパイス、かぼちゃ、焼きりんご、ゆず&はちみつ、アップルジンジャー、チョコマーブル、バナナ&キャラメル

<タルト>洋ナシ、洋ナシキャラメル、ダークチェリー、焼きりんご、ブルーベリー、アンズ&アーモンド、バナナ&チョコ

どれもおいしそうで、そそられるネーミングのものがちらほら。

隣の人をちらりと見ると、純生ケーキがすっごくでかくてびっくりしました(食べれるけど、ちょっとでかいわ)。

私が気になっていた、ロンドンスパイス・チーズケーキを、Chiakiちゃんが選んでくれて、わ~い、私にも一口食べさせて~

Img_9823

ロンドンスパイスって何?って、ふたりして気になったものの、食べても特定できず・・・。

そして、私は、さんざん迷って、ここでしか食べられない

<カントリーケーキ>バラブリス  を注文!

Img_9825

バラブリスは、ウェールズ地方のお菓子で、サルタナレーズンと、オールスパイスを混ぜ込んだフルーツパン的、イギリスの伝統菓子なんですって。

このお店のものには、くるみも配合されていました。

私は初めて見るこのケーキに、うきうきが高まってま~す☆

パウンドケーキみたいな形に焼き上げるのですが、それをある程度の厚みをもたせて切り、トーストして出してくれました。

バターを塗っていただくと・・・

なるほど、なるほど、どこかで食べたことがあるような、なつかしい系の味でした。

素朴で、レーズンが入っているからそう思うのかな。

スパイスがふんだんに使われています。

このケーキは専門店でしか口にできないから、頼んでみてよかった~、と脳みそが満足していました。

昼を食べないで、このコースをいただいたのすが、十分お腹いっぱいになりました。

さてさて、紅茶ですが、ポットでサービスされます。

Img_9815

北浜レトロのハウスティーなどもあったのですが、

フランスのパリ6区にある「Les Contes de The(レ コント ド テ)」のフレーバーティーに惹かれて、
イギリス紅茶の店に来ていながらも、レ コント ド テの中から、その店名を冠した紅茶を選びました。

~Les Contes de The(レ コント ド テ)」
  さまざまなトロピカルフルーツ100%の天然アロマと、
  ベニバナ、キンセンカなどの色とりどりの花の香り、
  ドライパイナップルなどがブレンドティーに含まれる。

という解説通りに、口のなかに、華やかな香りが広がりました。

次はどこのお店に行く?という話や、スコーンや、イギリス菓子の話に花を咲かせて、あっという間に時間が過ぎていきました。

窓際の席で、外の景色も見ながら、
優雅な時間を持てて、ほっとくつろげました。

       <vol.2につづく>

|

« ひな祭りといえば | トップページ | 北浜レトロ vol.2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

わあ!おいしそ~。写真をみてたらまた行きたくなりました。
私は4人で行ったのですが、1人1つずつ注文したのでテーブルの上はいっぱいになり、顔も見えない状態。
スコーンもみんなで分けて、ほぼ全種類食べました。
おなかいっぱいになりますよねー!
私なんて、あ~おいしかった!で終わりましたが、さすが先生。いろいろご存知のまきさんと一緒だったら、いろいろ教えてもらえて楽しいだろうなあ☆

投稿: ほのかはは | 2008年3月30日 (日) 17時31分

4人で行かれたのなら、それちょうだい~の交換が楽しいかも。
顔も見えない状態(笑)わかる、わかる。皿と皿の間から、むこうが見える、みたいな。
アフタヌーンティーって、ランチとはまた違う優雅さがあるから、子供を預けて、すごく贅沢な時間が過ごせたなっていう気分になれるよね。
わたしもほのかははさんが、行ったよ~と教えてくれたので、そうそう、私も以前からチェックしながら行ってなかったと思い出して、友達を誘ったのです。
実現したのは、ほのかははさんのおかげです!どうもありがとう☆
私はイギリスの文化は全然わかんなくて、一緒に行った友達に教えてもらって、なるほど~でした。

投稿: まきすけ | 2008年3月30日 (日) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北浜レトロ vol.1:

« ひな祭りといえば | トップページ | 北浜レトロ vol.2 »