« AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ) Part2 | トップページ | たち吉「赤札市」 »

「きっさこ(喫茶去)」陶展

佐野明子さんの陶芸展
「きっさこ(喫茶去)」
を見に、ならまちへおでかけ♪Img_9539

Img_9744

叙友舎という中国茶&ギャラリーでの開催は、
2年半ぶりです。

前回おじゃまさせていただいたときは、
陶展終了後、あっこさんの器に、みなさんが持ち寄った料理を盛り付けてのパーティーがありました。

素敵な企画ですよね。

私もキッシュを携えて、参加させていただきました。

なつかしいな~。

あっこさんのお友達は、みなさん私と同じくらいの年齢なのに、漆器、イラスト、織物などの作品づくりをお仕事にされていて、
「自分」というものをしっかりと持っていらっしゃる方ばかりで、
すごく刺激を受けたのを覚えています。

あっこさんの器は、
淡い色の中にも、はっとさせられる鮮やかさがあったり、
かわいらしい絵付けだったり、

いかにも、一点ものという感じがいいんです。

中央に絵が描かれている場合、

料理やお菓子を盛ることで、絵が隠れてしまうのがもったいない気分になることもあるけれど、

食べ進めていくにつれて、
「あれ?これ、すごくかわいい」と気づいてもらえるのも、うれしかったりして。

こちらは新作です。

Img_9545 Img_9542 ブルーが映えます。

     左下は雪の結晶

     右下はピンクがかった茶系
              温かみを感じさせます。

Img_9541

↑欲しい~!と思ったら、すでに予約済(> <)

やっぱりね、かわいいもんね。

Img_9543 ぽってり、ころんと愛らしい

Img_9540

右の花が中央に配されているお皿は、

秋に開催された「いっちょまえ展」のときから目をつけていました!

こちらを購入☆

こちらの器は、飾っておくだけでもかわいいタイプのものなので、
器のよさを生かせるように、

何を盛り付けようか、考えたいと思います。

器と料理のコラボレーションって、想像するだけで楽しい♪

普通は料理ありきで、料理にあった器を選ぶのだけど、

時には、器ありきで、その器をどうやったら美しく見せられるかということにこだわって、料理を作るおもしろさっていうのもありますよね。

        *                *

「きっさこ(喫茶去)」陶展

  2008.1.19-27

|

« AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ) Part2 | トップページ | たち吉「赤札市」 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「きっさこ(喫茶去)」陶展:

« AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ) Part2 | トップページ | たち吉「赤札市」 »