« Kenshinくんのお料理教室vol.2 | トップページ | 北菓楼のバウムクーーヘン~札幌 »

ガレット・デ・ロワのフェーブたち

フランスで、1月6日のキリスト教の公現節に食べるお菓子といえば・・・

「ガレット・デ・ロワ」

Img_8142

以前のブログで、ガレット・デ・ロワにまつわる話に触れましたが、

このアーモンドクリームが入った 大きな丸いパイの中には、
ひとつだけフェーヴと呼ばれる小さな陶器の飾りが入っていて、

切り分けて食べた時、フェーヴが入っていれば当たり!

1年間その幸運が続くといういわれがあります。

そのフェーヴを集めたい♪と思っています。

持っているフェーヴでは、このブランジェリー(パン屋さん)シリーズがお気に入りです。

Img_9658 Img_9661

親指の先 第一関節くらいの大きさ。

めちゃくちゃ小さいミニチュアサイズ。

・パンの材料

・パンの道具

・いろんなパン

・パン職人

というラインナップで、きゃわゆい♪のです。

パリの製菓材料店や蚤の市で見かけましたよ!

|

« Kenshinくんのお料理教室vol.2 | トップページ | 北菓楼のバウムクーーヘン~札幌 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

え~!すっごいかわいい!
これを集めるって・・・私も出来るもの?
製菓材料屋さんにしかないのかしら??

探してみます~♪

投稿: kumi | 2008年2月 5日 (火) 12時21分

私はお店で買いましたが、ネットで販売しているところがいっぱいあるみたい。
フェーヴで検索してみてね。
いろいろかわいいのから、クラシックな雰囲気のものまで、いろいろあったよ~。

投稿: まきすけ | 2008年2月 5日 (火) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガレット・デ・ロワのフェーブたち:

« Kenshinくんのお料理教室vol.2 | トップページ | 北菓楼のバウムクーーヘン~札幌 »