« Kenshinくんのお料理教室vol.1 | トップページ | ガレット・デ・ロワのフェーブたち »

Kenshinくんのお料理教室vol.2

Kenshinくん、

ソーセージパンのお次は、メインのデコレーションケーキです。

以前、Kenshinくんのお母さんから、
「子供とデコレーションケーキを作りたいねと話したんです」
と聞いたときに、

「普通の丸いケーキでなくって、かわいい形にするっていうのはどう?」
ということになって、

Kenshinくんにイメージの原画を描いてみてね、とお母さんを通じてお願いしていたんです。

翌週、お母さんが、1冊のクロッキーブックを持ってきてくれました。

もう、びっくりですよ!

こんな風に、原画と解説を書いてきてくれたんです。

Img_9495

かわいいパトカーの形♪

驚いたのは、小学校2年生の男の子が、

こんな風にケーキを重ねた間に生クリームといちごをはさんで、
ブルーベリーで飾るとまで!?

タイヤはクッキー、
警視庁という文字は、チョコレートチューブ(デコペン)で書く!?

ってことまで、考えたの~!!!!!!!

まず、小学校低学年の子が、食材やお菓子の構造を、ここまでよく知っているということに、本当に驚きました。

しかも、今まで、お母さんのお手伝いはしたことあるけど、ひとりで作ったことがないという子が、これだけの情報が入ってくるもんなんですね~。

これは、絶対、形にしてあげたいと、心が熱くなりました。

まったくのこの通りに、とも考えたのですが、
チョコレートのチューブで警視庁の文字を書くのは、
大人でも難しいので、何か別のアレンジをしたほうがいいかな、とか、

できるだけ、Kenshinくんのイメージを大切にしながら、
完成させたいなって。

びっくりしたというよりも、すごく感激したんです。

いや~、子供の力ってすごいって!

大人が、勝手に、「小学校2年生なら、このくらいしかできないかな」なんて、考えて与えてはいけないって・・・・・・

それなので、この日は、小麦粉を計量するところから、ぜ~んぶ、全く何のお膳立てもなしに、すべてKenshinくんにやっていただきました。

実は、傍で見ていたうちの主人が、

「こんなに小さい子に、全部やらせるなんて、もうちょっと準備してあげていたほうがよかったんじゃないか?」って心配していたらしいんですが、、、(後で聞きました)

私が小さい頃のことを思い出したときに、

お母さんが、つい手伝おうと手を出したら、
「全部自分でやるんだから!」って、
怒ってたんですよね。

だから、全部ひとりでやらなくっちゃ。

お菓子作りを通して、私は子供に「達成感を得て欲しい」
そして、それを「自信につなげて欲しい」んですよね。

さてさて、では、はじまり、はじまり~~

Img_9456

まずは、タイヤ部分になる、ココアクッキーを作ります。

そして、卵と砂糖を泡立てて、
小麦粉を混ぜていきます。

ケーキがふくらむかどうかは、この混ぜ方にかかっています!

Img_9465

それが、すっごく上手なんですよ~

本番の前に、混ぜるときのゴムべらの動かし方の練習をしたのですが、
ほとんど練習もいらず、できちゃったんです。

器用だわ~、またまた驚いちゃいました。

Img_9467

オーブンプレートに流しいれて、
均一にならして、さあ、オーブンへ。

デコレーションは、Kenshinくんの創意工夫の見せ所!

デコレーションしながら、どんどん新しいアイデアが浮かんできて・・・・・・

最初の原画を上回る作品ができあがりました。

Img_9478 ジャ~ン☆

きゃわゆ~い!

タイヤを作っているうちに、
「このクッキー型も使ってもいいかな?」とKenshinくん

「一部、ブルーにしてみる?」
「アラザンのキラキラも使う?」と私

本当に、お母さんも私も、まーーったく手伝わずに、すべてひとりで、何時間もかかってやり遂げたんですよ。

Img_9481_2

私は、もしかしたら、途中で飽きちゃうんじゃないかって、はじめは心配も正直あったんです。

でも、それどころか、疲れひとつ見せずに、
最後まで、すっごく楽しそうに取り組んでくれました。

このケーキは、このままもって帰ってもらって、
家族にご披露。

この後は、残り生地やアイスクリームでパフェを作って食べました。

後日、お母さんを通して聞いた話に、私はまたまた感激。

冬休みに一番楽しかったことは?と学校で発表するときに、

このお菓子作りのことを話してくれたそうなんですよ。

よく聞くと、ただ楽しかったんじゃないんですって。

「気持ちよかった!」 って。

ひとりでやり遂げたことで出る、満足感って本当にいいもんですね。

大人が温かい目で見守ってあげることの大切さを痛感しました。

それを聞いて、私もいい経験をさせてもらったな~って思いました。

Kenshinくん、また来てね!

|

« Kenshinくんのお料理教室vol.1 | トップページ | ガレット・デ・ロワのフェーブたち »

食育」カテゴリの記事

コメント

生クリームをぬってから、いちごをはさむのがむずかしかったです。また、つぎにクッキをおしえてください。     kenshin より

投稿: kenshin | 2008年2月 3日 (日) 17時06分

Kenshinくんへ
 ぜひぜひ~。次はアイシングクッキーにしましょう。
 かわいい絵柄を考えておいてね!

投稿: まきすけ | 2008年2月 4日 (月) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kenshinくんのお料理教室vol.2:

« Kenshinくんのお料理教室vol.1 | トップページ | ガレット・デ・ロワのフェーブたち »