« IKEAのサーモンソース | トップページ | AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ) Part2 »

AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ)~京都

いかにもパリっぽい、大好きなカフェレストランが京都にあります。

AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ)

パリの街角にあるカフェが、そのまま運ばれてきたような佇まいと、
それを粋に楽しむお客さんまでもが、
お店の風景の一部になっている、

素敵なカフェです。

平安神宮の目の前にあります。
Img_8990 Img_8989

私がいったのは、16時。

ちょっと小腹がすいたけど、お菓子じゃないんだよね~

っていうので注文したのが、こちら。

●キッシュ・ロレーヌ

Img_8987 Img_8983

カラダが温まりたいな~と思って、キッシュにしました。

ポーションが大きくて、お腹も満足。

温め直して出してくれるので、ほっかほかで、おいしい~。

キッシュ・ロレーヌとは、フランスのロレーヌ地方に伝わるキッシュで、パリでキッシュといえばこれをさします。

玉ねぎのスライスと、ベーコンが入っているのが定番ですが、本家本元はベーコンのみとか。

でも、玉ねぎを入れたほうが甘みがあっておいしいので、自分で作るときも必ず玉ねぎは入れます。

●クージェール

Img_8981 

これは、ワインのおつまみ。

グリュイエールチーズ(スイスのチーズなのですが、フランスでとろけるチーズとして使うのに定番のチーズです)を練りこんだ、塩味のシューです。

シュークリームみたいに、中身は入っていなくて、生地を楽しむ料理です。

本当はキッシュに組み合わせるにしてはヘンなんだけど。。。

自分で作るので、その参考にと頼んでみました。

結果、ワインが欲しい~ となるのですが、今日はカフェオレとともに。

このお店は、京都の老舗のレストラン「ベルクール」の支店です。

2店舗目のブションというビストロも好きで、
かつてよく通っていたのですが、

今は、3店舗目のこちらのお店も気に入っています。

この日は、ちょっと立ち寄っただけなので、ささっと食事を済ませてかえってしまいましたが、

ここは、フランスお惣菜がとにかくおいしいんです!!!

私の大好きな、テリーヌ、パテ・アンクルート、リエット類が並び、
それをパンとともにいただく幸せ!ったら

Img_8984

フレンチのコースを食べに行ったときに、アミューズや前菜でこれらが出されると、私ってば目が輝いちゃうのですが、

ここでは、それを単品で注文して、ガツガツこればっかり食べられるので、
本能がおもむくままに、テリーヌとパテとかいう、
普通はしないだろうという組み合わせで注文できる、

そういう意味で、私にとっては貴重なお店です。

あ~、この惣菜を、
「左から右に全部!」な~んて、大人買いしたーーい♪

さすが、ベルクールがやっているので、お味はお墨付き。

商品のラインナップも、フランスのカフェっぽい忠実さがすごい好き。

サラダもタブレ(クスクスのサラダ)とかがふつーにあるんです。

Img_8982

ね、パリっぽいでしょ?

夕方に行ったので、近所のおじさまかしら?とおぼしき紳士が、
本を読みながら、オープンテラスの席でカフェをひとりで楽しんでおられました。

絵になるゥ~♪

平安神宮のまん前とはいえ、

ちょっと奥まったところにあって、すごく静かなんです。

次はゆっくり来たいな~

|

« IKEAのサーモンソース | トップページ | AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ) Part2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ)~京都:

« IKEAのサーモンソース | トップページ | AU TEMPS PERDU(オ・タンペルデュ) Part2 »