« トリトン~札幌:回転寿司 | トップページ | 季節料理 都瑠~札幌 »

らっきょ~札幌:スープカレー

食通のKumiちゃんが、おいしいものツアーを組んでくれました。

札幌は、車でしか行けない郊外に、おいしいお店が集中してあります。

関西と違って、みんな車で移動するし、郊外っていっても、札幌は狭いから近いんですよ。

今日の予定は、スープカレー→パン屋→パン屋→Kumiちゃん宅でパン&お菓子の試食会→ラーメン という強行スケジュール。

Kumiちゃん行き着けのお店に案内していただきました。感謝~

さて、スープカレーといえば、札幌が発祥の地。

関西には数店しかないですが、札幌には100店舗以上あります。

アツアツのスパイシーカレースープの中に、
丸ごと野菜と、大きい肉がゴロゴロとダイナミックに入っていて、

西洋やエスニックの「カレー」の枠にとらわれない、
独自のカレー文化を形成しています。

サラサラに近いスープは(これまた各店で濃度も違う)、どちらかといえばタイカレーに近い感じ。

ベースの味もぜんぜん違う。

お店によって、ずいぶん味が違うのがおもしろいので、食べ歩きも楽しいんです。

今回行った「らっきょ」は、超有名店。

レトルトも出しているし、札幌のスープカレーの店といえば、ここははずせないでしょう。

特色は、トマトの酸味をきかせているところと、フォン・ド・ボーを加え、焦がしたバジルを入れているところ。

かといって、西洋風な仕上がりかというとそうではなく、

しっかりエスニックなスパイス使いなんです。

●チキンカレー

Img_9166 Img_9168

あっさりした飲み口なのは、トマトのせいかしら。

でも、スープのコクに深みがあって、ついつい飲み進めてしまいます。

焦がしバジルって、どんな味?と期待していましたが、実際食べてみると、ガンガン香ってくることもなく、スパイスの中に溶け込んで突出していませんでした。

上にローズマリーまでのっていて、なんだかお上品。

おいしいな~と感じたのは、野菜をすべて丸ごと揚げてあること。

この油によって、まろやかに感じるのです。

また、揚げることで、野菜のホクホク感も変わってきます。

ここまでごろごろ具が入っていて、この値段??っていうのが、札幌価格ですよね~太っ腹。

さてさて、スープカレーの食べ方は、

ライスをスプーンにとってスープを浸して食べるか、

スープとライスを交互に食べるか、のどちらかがスタンダード。

食べ方も西洋のカレーとは異なりますよね。

ちなみに私は後者です。

さて、Kumiちゃんが注文したのは、

●かきと舞茸のスープカレー

Img_9170

カキと舞茸のエキスがぎゅ~っとスープに染み出ていて、
チキンのカレーとは別物のスープになっています。

こちらもおいしい~

Img_9173

らっきょは、今は数店舗あり、支店のらっきょ大サーカスにいきました。

今日は運よくすぐに席に着けましたが、週末にもなると、やはり行列するとか。

こちらのお店のスープカレーは、トマト系とはいえ、塩味やスパイス使いなど、非常に均整のとれた味だな~と感じました。

食べやすい味にまとまっているな、というか、
スタンダードだなーと。

スープカレーって、ちょっと病みつきになるんですよね。

食べながら、もうちょっとスープが飲みたくなる。

食べ終わって、しばらく日が経てば、また食べたくなる。

今日は、冒険しませんでしたが、おこげのカレーとか、おもしろいメニューもたくさんあって特徴的でした。

|

« トリトン~札幌:回転寿司 | トップページ | 季節料理 都瑠~札幌 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: らっきょ~札幌:スープカレー:

« トリトン~札幌:回転寿司 | トップページ | 季節料理 都瑠~札幌 »