« ブライダルのお菓子 | トップページ | ある日のお菓子教室 »

シュガークラフトのウェディングケーキ

Mikiちゃんは、なんとご自身のウェディングケーキを、シュガークラフトで作られました。

制作期間1ヶ月以上。
先生のもとに4回通って、おうちでも一生懸命作成して、

この大作!!!!

Img_8760

中は発泡スチロール、外側はレース以外はすべて、卵白と砂糖を合わせたものでできています。

発泡スチロールをコーティングしているのは、
(つまり、ケーキでいえば、ナッペにあたる部分)
紙粘土みたいに加工された、卵白&砂糖があって、それを麺棒でのばして、かぶせています。

それを使って、この見事なバラや葉も、作っているんですよ。

初心者なのに、職人技ですよね!

さすが、器用なMikiちゃんだから、できることです。

Img_8769

そして、波のようにうねっている線は、コーネリワークという手法で描かれています。

コルネにアイシングを入れて、MとWを交互に描くのをイメージして、うねりのある線を描くことで、遠くから見たときにとてもゴージャスに見えるのです。

本当にお見事です!

花嫁さんは、式直前はすご~く忙しいのに、
本当によく頑張られたと思います。

私もシュガークラフトをやったことがあるので、その労力がわかります。

Img_8724

このケーキで、ケーキカットをされたのですよ。

新居でお菓子教室を開くのが夢のMikiちゃん。

これを飾ってお教室をするそうです。いいですね~♪

中が発泡スチロールなので、湿気らない限り、何年も持つのです。

シュガークラフトには、中を保存がきくフルーツケーキにして、
結婚して1年の記念日に、切り分けて食べるというものもあるそうですヨ。

そして、式の数日前は、新郎さんの36歳のお誕生日だったそうです。

新郎さんには内緒で、披露宴の中で、サプライズでお祝いをしました。

ひそかに、Mikiちゃんは、36個のバラをあしらったケーキを手作りして用意していたんですよ。

Img_8756

これも、直前に焼いたのかと思うと、
新郎さんも感動だろうな~。

ブーケはお母様の手作りのプリザーブドフラワー。

Img_8758

このほかにも、いろんなものが手作りであふれていて、
温かい、Mikiちゃんの色が出ていた、ステキな披露宴でした☆

|

« ブライダルのお菓子 | トップページ | ある日のお菓子教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュガークラフトのウェディングケーキ:

« ブライダルのお菓子 | トップページ | ある日のお菓子教室 »