« はっぴーママcafe~札幌 | トップページ | シェフ・ナカギリのクリスマスケーキ »

シュトーレン&クリスマスクッキー

クリスマスのお菓子といえば、

先日のブログで、イギリスのミンス・パイをご紹介しましたが、

ドイツやオーストリアでは、「シュトーレン(Stollen)」が有名です。

Img_9191_2

今回は、Yakkoちゃんがおすすめしてくれた、
Süßwaren aramaki”のシュトーレンを買いました。

Yakkoちゃんが、予約から受け取りまでしてくれて、しかも私に届けるまでしてくれて、感激でした。

Süßwaren aramakiは、お店は構えていないので、Yakkoちゃん情報がないと、買えませんでした。うれしい。

シュトーレンは、クリスマス時期に、お菓子屋さんやパン屋さんで売られます。

イーストを使って作る発酵菓子なので、パン屋さんでも作られています。

シュトーレン作りは、
数種のドライフルーツを2ヶ月くらい前から洋酒に漬け込むことから始まります。
長く漬け込むことによってなじみ、風味と甘味が増すんです。

それを、バターをたっぷり練りこんだ生地に入れて成形し、発酵させて焼きます。

焼き上がってから、熱いうちに表面に溶かしバターを塗り、粉砂糖をまぶします。
こうすることにより水分がとぶのを防ぎ、かたくなるのを遅らせることができます。

シュトーレンという名前は「坑道」を意味し、トンネルのような格好をしているためについたそうです。

この独特の形、表面に粉砂糖をまぶして真っ白になっている様子は、乳飲み子のキリストを毛布にくるんだ姿ともいわれています。

1ヶ月半くらい日持ちするように作られているので、これを薄く切って、何日にも渡って食べます。

パサパサな感じがありますが、
それがシュトーレン独特の食感なのです。

実は、初めて食べたときは、あまり得意な味ではなかったのですが、毎年食べていると、自分の中でなんだかこの味になじんできたのを感じました。

だから、普通のケーキのようにmほっぺたが落ちるほどおいしい!というたぐいのケーキではないんだけど、
なんだか毎年、食べるのもいいな~という気持ちになるんですよね。

辻調の職員時代に、毎年、クリスマスになると、シュトーレンをいただいていたのですが、
そのときは、ドライフルーツがぎっしりつまったものでした。

荒牧さんのシュトーレンは、ドライフルーツが少なめで、その分あっさりしているように感じました。
食べやすいように、そう作られているのかな、と思いました。

今まで、辻調のばかり食べていたので、それが自分の中のシュトーレンの基準になっていました。
今回、他のものも食べて、いろんなタイプのものを、食べてみるのもおもしろそうだな、と感じたので、

来年はまた別の店のものも、食べてみようかと、探究心がわきました!

そして、クリスマスクッキー(Wiener Weihnachtsplätzchen)もいただきました。

Img_9094

アーモンドパウダーたっぷりのものは、ほろっほろっと口の中で崩れる感じ。

フランス菓子とはまた違う、独特の味を楽しめて、クリスマス気分。

|

« はっぴーママcafe~札幌 | トップページ | シェフ・ナカギリのクリスマスケーキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュトーレン&クリスマスクッキー:

« はっぴーママcafe~札幌 | トップページ | シェフ・ナカギリのクリスマスケーキ »