« たま木亭~パン屋 | トップページ | Kaiクンとピッツァ作り »

新作!タンタン鍋のレシピ

今日の我が家の夕食の食卓は、ふたりで相当盛り上がった!

タンタン鍋の完成~♪

テレビCMで、タンタン鍋なるものを見て、
おいしそう~☆と思いつつも、市販の鍋だしを買ってくることに、抵抗を感じて、

それを食べたこともなかったんですが、

タンタン麺を作る要領で、鍋のレシピを作りました。

ごまのまったりとした味とほどよい辛味が、私のおいしさの枠に、びた~っとはまり、マイブームの鍋になりそうです。

このおいしさのポイントは、もしかしたら
「自家製 練りごま」にあるのかもしれません!!!

タンタン麺に欠かせないのが、練りごま。

日本製のものは「練りごま」、中国製のものは「芝麻醤(チーマージャン)」の表記で売られていますが、
これを手作りすると、ごまの風味がぷわぁ~っと立って、その香りのいいことといったら!

作り方はごく簡単。

白むきごまをフードプロセッサーに入れて、スイッチオン!
しばらくすると、すりごまになりますが、そのまま混ぜていると・・・

ごまから油がにじみ出てきて、ペースト状になります。
約7分ほどで、どろ~っとした練りごまの完成です。

Img_8608 Img_8610 Img_8615 いい香り~ごまゴマごまー

これ、すり鉢ですると、なんと35分かかるんです。

辻調の生徒だったころ、新米助手の先生がみんなの前でやらされていたけど、あれはパフォーマンス?うーん、大変な印象が強すぎ。

間違ってもやらないでくださいね。

●タンタン鍋

<材料(2~3人分)>

Img_8616  Img_8621

*肉みそ

豚ひき肉    150g
にんにく     2片
しょうが     少量
豆板醤      小さじ1弱
甜麺醤      大さじ1 (中華甘みそ、北京ダックにつけるみそです)
しょうゆ、酒   各大さじ1
サラダ油     大さじ1 1/2

*だし

水         1200cc
中華スープの素(ペースト) 大さじ1(味覇ウェイパーを使用)
自家製練りごま 大さじ6 
   (市販のものを使う場合は量を加減して試してみてください)
ラー油      好みで

*具材

豚バラ肉、豚ロース肉(バラのほうがおいしかった)
にら
もやし
チンゲン菜
キャベツ
白ねぎ
しめじなどのきのこ

中華麺

<作り方>

①鍋にサラダ油、にんにく、しょうがのみじん切りを入れて弱火にかける。半ば炒まってきたら、豚ひき肉を入れて中火にして炒め、油が澄んでくるまで炒める。

②肉を鍋の端に寄せてごく弱火にし、油の部分に、豆板醤、甜麺醤を入れて、1分弱炒める。しょうゆ、酒を加えて煮詰める。

③水、中華スープの素を入れて、10分煮る。ここで、ひき肉のうまみをだしに移す。

④自家製練りごまを溶いて、鍋だしの完成!

Img_8623

さあ、これで、やばいくらいおいしい鍋だしができました。

タンタン鍋のはじまりです☆☆

ここで鍋だしを味見をすると、ややあっさり感じるかもしれませんが、
ここからは、豚バラ肉のエキス、野菜のうまみが、鍋を食べ進めるにつれて加わって、

最後に中華麺を入れて、締めのタンタン麺を作るころには、コクが出てきて、

まったり、こっくり、ピリッと辛い、うまうまのおだしに成長しております。

自家製練りごまは大さじ6をはじめに溶きますが、
ごまの香りは繊細で飛びやすいので、

各自、好みで自分の椀にプラスします。

あまりのおいしさに、鍋だしをふたりでほとんど飲み干してしまい、

私たちって、今日は、ごまのセサミン&ビタミンEを、めちゃくちゃ摂れたのでは!?
と、栄養面でも大満足。

これらは、抗酸化作用があるので、健康にも美容にも◎。

ごまは粒のまま摂るよりも、練りごまにすると何倍も吸収率が上がるんですよ。

そして、豆板醤とラー油のカプサイシン効果で、汗をかきながら、鍋を囲みました。

豚肉とにんにく・にら・ねぎの組み合わせは、豚肉にビタミンB1が効率よく摂れるんですよ。

まさに、健康鍋ではありませんか!

具はお好みでいろいろ加えてもいいと思いますが、

タンタン麺の性質上、
豚バラ肉、にら、ねぎは欠かせない素材で、

味噌風味なので、
もやし、キャベツはよく合います。
味噌ラーメンに、入ってる具ですよね。

次回作るときは、愛しのタンタン麺屋さんの福龍にならって、
刻んだピーナッツを入れてみるつもり。

以上、自画自賛コーナーでした(^ ^;)なは

  *              *

更新(2008.1.6)

さらに、コクをつけるのに、おすすめの具材をみーつけた!

作り方③で鶏手羽先を入れてください。

食べるころには、コラーゲンたっぷりのとろとろになっていて、いい脂を出してくれます。

たくさん入れると、かなりこってり系になります。

そのときには、練りごまを少し減らしてもいいかもしれません。

いいだしが出ますよ~

|

« たま木亭~パン屋 | トップページ | Kaiクンとピッツァ作り »

料理レシピ」カテゴリの記事

コメント

来月から食べにうかがいます(*^_^*)

投稿: ぱんだ | 2007年11月18日 (日) 21時14分

今週末、いよいよお引越しですね~。
スープの冷めない距離になるね、よろしく☆

投稿: まきすけ | 2007年11月19日 (月) 04時06分

わ~♪
タンタン鍋、美味しそう~☆
今度、是非作ってみます。
私は無謀なすり鉢派ですが。(^o^;
福龍さんの担々麺も、是非食べに行ってみたいです。

投稿: けつつ | 2007年11月20日 (火) 01時15分

白むきごまを軽く炒ってから、練りごまにすると、さらに香り高いですよ。しかも、市販の練りごまを買うよりも、大分リーズナブルです。
けつつさん、ぜひ具などもアレンジされてみて、新しいおいしさを発掘して、私にも教えてください。
そうそう、かなり鍋だしは飲み干してしまったんですが、いろんなうまみが凝縮した鍋だしが最後に残りました。普通の鍋ならにおいもでてしまうし捨ててしまうのですが、たっぷりのごまが入っているので、なんだか捨てるのが惜しくてとっておいたのです。
そして、翌日はそれに、春雨と、豚肉、もやし、にらを入れて、ちょっと濃い目に味つけして、
春雨にうまうまだしをたっぷり吸わせていただきました。
ラー油をかけて、これまたうまい!
この鍋には、春雨もおすすめです。

投稿: まきすけ | 2007年11月20日 (火) 03時26分

うわうわうわーーーー!!
すっごくおいしそう!
ゴマ大好き!!
うちは結構キムチ鍋とかえおするんだけど(からから鍋を求めて・・・)やっぱり市販のスープではものたりなくって。
このレシピを参考に、ぜひさせてもらいまーす!!
また、だんなさまに張り切ってもらおうかしら・・・!?

投稿: | 2007年11月21日 (水) 22時54分

ぴろっぷさんのご夫婦の好みを聞いていたら、
これはにんにくも使われているし、きっと好きっていってくれるような気がします。
フードプロセッサーでぜひ練り胡麻を作ってやってみて!
ご主人さまの新しいレパートリーに、ぜひ。
うちはタンタン麺好きなので、はまりました。

投稿: まきすけ | 2007年11月27日 (火) 13時35分

7年前の記事にコメント失礼します!
今日このレシピで黒炒りごまから練りごまをつくり、坦々鍋にしました!
とっても美味しい!!!
こんなに濃厚なスープはお店では食べられませんね♪
素敵なレシピありがとうございました!

投稿: みさ | 2014年9月30日 (火) 18時59分

みささん
どうもありがとうございます☆
作ってくれただなんて~、すごくうれしいメッセージでした。
このレシピ、我が家では今でも大好評。
7年も経っていたなんて!?
自分のこのブログページを、ブックマークしていて、作るときにいまだに見ながら作っています。
おいしいだけでなく、セサミンパワーで、美容にも健康にもいい!汁すべて飲み干したい感じですよね♪

投稿: まきこ | 2014年9月30日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新作!タンタン鍋のレシピ:

« たま木亭~パン屋 | トップページ | Kaiクンとピッツァ作り »