« グルニエドールのガレット・デ・ロワのレシピ | トップページ | 新作!タンタン鍋のレシピ »

たま木亭~パン屋

京都 宇治の近くの、黄檗駅にほど近い
「たま木亭」に久し振りに足を運びました。

Img_8565  Img_8566

お店ができてまだ6年ほどですが、できて数年で有名になって、土日は遠方からも買いにくるお客様でいっぱいです。

私は15時に行ったのですが、店内は4坪のスペースに、たくさんの種類のパンがあって、私がどのパンにしようか悩んでいる間にも、お客さんが入れ替わり、立ち代り来るんです。

しかも、個人店なのに、人気のパンは日に何度も焼きあげていて
(大手のパン屋なら、たとえば、10時、14時とか決めて何度も焼いていますが、個人店でそれをするというのは、それだけ売れるということだから、すごい!)、

15時なのに、焼きたてがあって、うれしい☆

ここで有名なのは、バゲットマニアックという、18世紀の製法で作られたというフランスパン。
天然酵母を使って一晩おき、翌日に本ごねしたものです。

細めのフランスパンで、粉の味わいが深く、中の気泡もしっかりできていて、もちもちのおいしい一品。

店主の玉木さんは、昔ドンクにお勤めで、入社したときにフランスパンのおいしさに感動して、自分も同じように作りたいと思ったと、何かに書いてあったのを以前読みましたが、ドンクのフランスパンより、おいしいです。

が、が、今日に限って予約していなかったら、
やっぱり売り切れでした。

気合いが足りなかったようです。

気を取り直して、「○○(忘れた!)バター」というパンを買ったら、
それがすこぶるおいしかったです。

お店の人に確認していないので勝手なことはいえませんが、
バゲットマニアックっぽい生地で作られたハードな生地に、
中にはバターがた~っぷり。

トーストして食べたら、外はバリバリ、中はみずみずしさがあって、ひきがあるもちもちした生地に、うっとり。

次回はこればっかり10個くらい買って、家で冷凍しておこうと思いました。
(やりすぎでしょ!)

Img_8561 写真下

Img_8567 写真右上

アリコベール(写真左上)もドンクにあるけれど、たま木亭のほうが、生地がソフトでした。

手前はりんごが入った天然酵母系のパン。

Img_8570

クイニーアマン(写真手前)は、7~8年前に流行ったフランスの地方菓子ですが、
私はブームが過ぎても好きな一品で、見ると買いたくなります。

お店によって、ずいぶん違うのですが、

たま木亭のものはしっかりとかたいパイの層といった印象。

一般的な作り方は、
強力粉とイーストと水でパン生地を作り、
それを折り込みパイ生地を作成するように、縦長にのばして、生地と同じかたさぐらいに調整したバターを薄くのばして、生地の上にのせて、砂糖を散らして、三つ折りにし、またのばして同様の作業を行うということを、繰り返しすることによって、パイのような層ができるのです。
(ちょっと、解説が長かったですね(^^;)

カンタンにいえば、
パイとの違いは、生地が発酵生地であること、バターのほかに砂糖も一緒に折り込むということです。

ふつう、発酵生地だから、デニッシュみたいに少しソフトな生地なのですが、はっきりとした層の浮きを見ても、デニッシュというよりも、パイです。

しかも、まるで強力粉を多くしたパイ生地っていう感じ。

つまり、発酵生地なんだけど、ふわふわに発酵させていないパイ生地みたいな状態で使っているのかな?と、もやもやと考えながらいただきました。

そして、レジ近くの対面販売で、目に入ったのが

Img_8564 Img_8573

「クニャーネ」

クイニーアマンの生地に、その場でカスタード&生クリームをつめてくれます。

その場でつめてくれるから、パリパリの食感を保てる!というのにはなんだか弱くて、追加で購入。

数時間後、おうちでいただいたら、

外側はバリッバリのまま。

中のクリームは甘さが控えめで、すっかり外側の生地の味に負けていました。
もったいない。
もう少し、甘くして存在感出さないと、生地の主張にこてんぱんにやられてますよ。

そのほか、パンドミを買いましたが、これは・・・・・・??うーん、普通過ぎました。

やっぱり、バゲットマニアックを予約しておくべきでした!

私はハード系が好きなので、菓子パンや惣菜パンを気づいたらほどんど買っていなくて、、、でもたくさんありましたよ。

黄檗は、JR奈良と京都の間で、なかなか乗らない路線ですが、住宅街の穴場のお店です。

      *          *

「たま木亭」

 京都府宇治市五ケ庄新開14-91
 (JR奈良線「黄檗駅」徒歩5分、東宇治中学校向かい)
 電話0774(38)1801
 定休日:毎週月曜日と第2第4火曜日

|

« グルニエドールのガレット・デ・ロワのレシピ | トップページ | 新作!タンタン鍋のレシピ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たま木亭~パン屋:

« グルニエドールのガレット・デ・ロワのレシピ | トップページ | 新作!タンタン鍋のレシピ »