« PATISSERIE KANAE~レポートその1 | トップページ | 安納もみじ~あまーいっ! »

PATISSERIE KANAE~レポートその2

PATISSERIE KANAEのお話の後半です。
(更新が遅くなっちゃった (> <) )

イートインは3席で、サロン・ド・テではなく、お店の一角で食べて行きたい人はどうぞって感じです。

ひとりだったから、そっちのほうが気が楽でいいです。

●マロン・エ・カシス 

Img_8593

秋の新作、マロン・エ・カシスにしました。

チョコレートのビスキュイに、マロン、カシスのムースが重ねられ、マロンがころんとサンドされています。

そして、上のピンク色のかわいいマカロンは
「赤ワイン」です。

ケーキの上にちょこんとのっているマカロンが、私にとってはメイン。

表面のさくっという薄膜がほろりと崩れたら、中からねち~っとした重い生地が顔をのぞかせます。クリームも生地の粘質感とマッチするかためのもので、おいしかったです。

でも、ちょっと全体的にかたいかな。

これは好みですが、表面がさくっで、中がもう少しやわらかで口どけがよいものもありますよね。

ケーキはというと、
辛口なことをいえば、マカロンほどの技術は感じられないです。

ムースが口の中で溶けていくような洗練された感じがなく、
ゼラチンが多めで、ちょっともさっとした印象です。

でもでも、他のケーキを食べていないので、コメントはあまりできませんが、
やっぱり、ここはいろんな種類のマカロンを食べ比べるのが楽しいかな!

Img_8603 Img_8604

マカロンがかわいく配されているケーキが目を引きます。

Img_8602

パリのサダハル・アオキなどで流行りの、抹茶のエクレールのほか、
ローズやパッションフランボワーズなど、
珍しいエクレールもあって、これにしようかとも迷いました。

フィナンシェ、ビスキュイも買って、まだこれからいただくのですが、

竹炭(真っ黒ですよ!)、ローズなどの味がこれにもあって、

通なお友達へのお土産に喜んでもらえそうです。

   *           *

後日談・・・
 

このブログをみて、えみさん、Kishizoeさんが教えてくれました。

こちらのケーキは、京都の喫茶店リプトンの工場で作られているそうです。

お店を出すにあたって、リプトンが母体となっているようですね。

だから、味が・・・・・・なのですね。

それで、納得がいきました。

フィナンシェなどの裏の表示も、製造元がパティスリー カナエではなく、京 まめ蔵 FKKとなっていて、どういうことだろうと思っていたのですが、これがそこの工場というわけですね。

今日、AIさんと話していても、その話をご存知でした。

で、みなさん、同意見でした。

かなえさんが自ら、できる範囲で、お店で作りたてのケーキを出されたらいいのにね~、と話していたんですヨ。

技術を持っていらっしゃるのなら、もったいないですよね。

|

« PATISSERIE KANAE~レポートその1 | トップページ | 安納もみじ~あまーいっ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PATISSERIE KANAE~レポートその2:

« PATISSERIE KANAE~レポートその1 | トップページ | 安納もみじ~あまーいっ! »