« 西原金蔵氏のガレット・デ・ロワ講習会 | トップページ | Flip up!~京都 御池のパン屋 »

アルナッジョ~奈良 生駒のピッツェリア

最近、奈良の生駒にはおいしい店が多いと思います。

ヤマオカ ピッツァ、ラッキーガーデン、春知などお気に入りの店がありますが、
そのほど近くのこちらの店も、そのひとつに加えたい。

ピッツェリア「アルナッジョ」。

イタリアンレストラン「ナチュラレッツァ」の2号店として、この夏にオープンしたばかり。

オーナーさんは、もっと気軽な形でお客様に楽しんでいただきたいと、このお店の構想を温め続けてきたのだそう。

まず、店内に入ると石窯があって、ピッツァを次々と焼いているのを目にできます。

Img_8035    Img_8037

そして、カウンター席、テーブル席、テラス席と、
いろんな雰囲気が楽しめます。

Img_8015

天気がよかったので、私達はテラス席へ。

とても気持のいい風が吹いていました。

このお店は傾斜地を利用して建てられた、おもしろい造り。

テラスの後ろは急斜面になっていて、そこにはオリーブ、ローズマリーなどの木が植えられています。

Img_8033  Img_8018_2

ピッツァ以外にも、パスタや前菜などいろんな料理があるのですが、

私達はせっかくピッツァに力を入れているお店だからということで、ピッツァのみの注文です。

Img_8017

●ディアボラ

Img_8032

マルゲリータにサラミと赤唐辛子をのせたもの。
シンプルだけど、ピリッと辛味と塩味がきいた味。

●ミモザ

Img_8021

生クリームベースのソースに、モッツァレッラと、フレッシュのとうもろこし。

とうもろこしが生で手に入るのも季節的に最終だな、と思い、こちらを注文。

●コッツェ

Img_8022_2

トマトソースベースに、ムール貝をあしらって。

貝殻にたまった、ムール貝からでた汁をまずはすすって、海の香りを味わってから、少しその汁をピッツァにかけていただきました。

以上の3枚をいただきましたが、

特筆すべきは、生地のもちもち感!

ナポリ風のピッツァを今まで何度も食べましたが、ここの生地のもち~っとした食感&しっかりきいた塩味が、私はすごく気に入りました。

本当に生地がおいしかった♪

特に、ミミの部分がもちもち感が際立っていて、普通ピッツァって、耳のところはソースもチーズもなくて残念な部分なのに、ここのピッツァはミミがおいしいーー。

トマトソースや生クリームのソースなど、どれもあっさりめでさらっとしていて、

個人的には、もう少しトマトソースは煮込んでこってりとピッツァにのる味にしたほうが好みだったりもします・・・・・・

が、生地がおいしいから○。

こちらの石窯は、ガス窯です。

薪窯にしたかったそうですが、住宅街なので断念されたそうです。
私も残念。

だって、この生地に薪窯のこうばしさも加わったら・・・と想像するだけで、じゅるり。
もっとおいしくなるに決まってるもの!

すごく、すごく欲をいえば、、、
アルナッジョの生地で、ヤマオカピッツァの窯だったら、最高!
(なんて、どちらのお店に対しても、失礼な話ですが・・・ごめんなさい)

ということで、アルナッジョとヤマオカピッツァ、どっちが好き?という談義になりました。

で、出た結論が、生地はアルナッジョで、ソースと窯はヤマオカピッツァ。どちらにも決めがたい。

ということで、飽きるまで、交互に通うことになりそうです。

アルナッジョは土曜の昼に行ったのですが、14時になるまで常に満席。

私達は予約したので入れましたが、お断りされていたお客様も目にしました。

できたばかりなのに、10月号のあまから手帖にも掲載されていましたから。

お店の人に「あまから手帖効果ってすごいですか?やっぱり、それから混みますか?」なんて話しかけたら、

最初は、覆面で、取材の方がこられていて、お店の方も全然気づかなかったとか。
おいしかったからということで、本取材となったそう。なーんて裏話も教えてくれました。

アルナッジョとは、月面への着陸という意味なんだそう。

所在地の月見町が由来であると同時に、お店の建設にご苦労されて、その心境を長い年月をかけて、人類が月面着陸に成功したことに重ね合わせてつけた名前ということでした。

Img_8088

帰りがけに、出口近くで、ローズマリーのフォカッチャが1切れ100円で並べられていました。

1つ買って帰って帰りました。

そして、いい香りにつられて、おなかいっぱいだというのに、クルマの中で一口食べると・・・

きゃいーん♪私好み!

100円でこの味は、おいしすぎるんじゃない!?
ピッツァの生地と同じく、ちょっぴり塩味がきつめなところが、なんともおいしい。

で、クルマを引き返して、「また、来ました~♪」と笑いかけて、4つ購入。

さらに、フォカッチャを食べながら(まだ食うの?)、家路に着きました。

   *              *

ピッツェリア「アルナッジョ」

 奈良県生駒市東生駒月見町138
 0743-28-1311
 火曜定休

|

« 西原金蔵氏のガレット・デ・ロワ講習会 | トップページ | Flip up!~京都 御池のパン屋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私もピザ大好きです。
とはいえ、そんなにグルメじゃないから
そこらへんので十分満足(*^_^*)

奈良県では、サンプーペーしかしりません。

行ってみたいけど、きっと行かないんだろうなぁ…。
たまには、夫に連れて行ってもらいたい…。
いや、子供を預けて、友達と行きたい(笑)

投稿: ぱんだ | 2007年10月29日 (月) 16時32分

相変わらず活動的ですねv(゚∇^*)⌒☆
私もあまから手帳を見て、行かな!!って思っていたところなのです。
週末、ちょっくらヤマオカへ行ってきま~す(●^o^●)

投稿: 楓 | 2007年10月29日 (月) 23時55分

ぱんださんへ
 食への飽くなき欲望ってことで、ぜひ一緒に行きましょう。運転はお願いします!(やっぱり?)

楓さんへ
 週末晴れるといいですね~
 ヤマオカピッツァは晴れた日に行くのが、一番!
 玉ねぎのローストはぜひ頼んでください☆
 阪奈から行くのでしたら、ヤマオカに行く途中で、アルナッジョの前を通りますよ。

投稿: まきすけ | 2007年10月30日 (火) 08時29分

今日、アルナッジョへ行ってきましたぁ(●^o^●)
木曜日にヤマオカへ予約℡を入れたら・・・15時マデ満席で諦めました。

アルナッジョのピザ生地は、すごく美味しかったです。
モチモチ感最高!
けど・・・ソースがさらりとしていましたね。
ちょっと水っぽい。。。
私も少し煮込んでトロリとしている方が好き(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)♡
次は、ヤマオカだあぁwww

投稿: 楓 | 2007年11月 4日 (日) 21時28分

ね、ね、ピッツァの生地がうれしいほどモチモチですよね~。
ソースに関しても同感で、そうだよねーって握手したくなりました。
ピッツァを持つと、流れるくらいだもんね。もうちょっと煮込むほうが、この生地のよさが引き立つと思うんだけど。
楓さん、今度、シェフに耳打ちしてきてください(笑)
ヤマオカピッツァは、二人でやってるから、なかなか人数がさばけないそうです。
ぜひ、リベンジでいってみてください~

投稿: まきすけ | 2007年11月 5日 (月) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルナッジョ~奈良 生駒のピッツェリア:

« 西原金蔵氏のガレット・デ・ロワ講習会 | トップページ | Flip up!~京都 御池のパン屋 »