« 植村牧場のソフトクリーム | トップページ | 西原金蔵氏のガレット・デ・ロワ講習会 »

いっちょまえ展

「いっちょまえ展」

私のお友達のあっこさん&まきろんが、グループ展を出されていたので、行ってきました。

みーんな、私より、いくつか年上または年下の方々で、年代が近い方が、このような作品を作られているのかと思うと、尊敬のまなざしです。

佐野明子さんは、若き陶芸家。

私の結婚式の引き出物を、心を込めて作ってくださった方です。

そのときは、あっこさん独特の華やかな色づかいで、1つ1つ手書きの絵を描いてくださったんですよ。

今回は、花やりんごをモチーフにした作品でした。

Img_7686 Img_7685 Img_7687

初夏には、安曇野で個展もされていたんですよ。

そのときの模様がHPに公開されています。

ステキな作品たちです。

ほんわかしたあっこさんの人柄が表れた作品に、いつも心なごみます。

http://www.azumino-style.com/report/steine_sano/steline_sano.htm

        *

西陣織の岡本真紀子さん。

外出時は、いつも着物を身につけていらっしゃるんですよ。

私は着物のまきろんとしか、会ったことがないんです。

普段に着物をここまで着こなしている方に出会ったのもはじめてでした。

まきろんは、綴織という技法で、織っているんです。

http://www.nishijin.or.jp/ori/kokoro09.html

爪で糸をかくようにして、少しずつ織物の形にしていくことが、どんなに大変なことか、ご本人から聞いているので、

どれだけ長い時間と努力が、目の前の作品に費やされているのかと思うと、すごいな~とため息ものです。

伝統工芸を守るということって、難しいこともあると思うけど、芯の強いまきろんは、その中で自分の個性を打ち出していける方だろうなと思います。

Img_7689

       *

この日は、木工房 円司(えんじ) さんの、木のかけ時計を買いました。

今の家に引っ越して4年。

リビングに飾るのに、気に入った時計が見つかったら買おうねとふたりで決めて、
おでかけのときは、何となく時計売り場に足を運んだりしていたのですが、
ないままに過ごしていました。

何だか、この日は、ふたりとも、何となく、出会いものかな、なんていう気持ちになって、
迷うこともなく決めました。

写真左奥のふりこがついた時計です。

木のぬくもりが感じられるのと、木目を生かし方が好きで。

Img_7697

         *

ほかにもステキな作品たちが。

Img_7691 Img_7694 Img_7688

同世代の方のエネルギーあふれる作品にふれて、
私もがんばろーって、刺激を受けました。

|

« 植村牧場のソフトクリーム | トップページ | 西原金蔵氏のガレット・デ・ロワ講習会 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

生時計見せてくださいね~!!

同世代の人の活躍…。
正直、私は自分があまりにもあまりにも…、なので
見ないようにしてます^^;

だから余計に自分が落ちていくのかも(>_<)

投稿: ぱんだ | 2007年10月24日 (水) 11時15分

ぱんださん
 いつもコメントありがとうございまーす☆時計は、まだ取り付けていません。壁がコンクリートの部分にどうしてもかけたくて、どうしたら落ちずにつけられるかというところで、とまったまま。早くしなくちゃ!

投稿: まきすけ | 2007年10月24日 (水) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いっちょまえ展:

« 植村牧場のソフトクリーム | トップページ | 西原金蔵氏のガレット・デ・ロワ講習会 »