« ラスク | トップページ | 樸木(あらき)~天然酵母パン  »

お友達の1歳を祝って

今日は、息子のお友達2人が、7月で1歳を迎えたので、

我が家にお招きしての、ささやかなお誕生パーティーです。

Img_6594

ハッピーバースデイの歌をみんなで歌って、
ひとりずつ、ママと一緒に、「ふ~っ!」 
ろうそく消せました☆

子供はまだ、生クリームは早いけど、
ぼくたちだって、一緒にケーキ食べたいよね♪

そ・こ・で

Img_6590

りんごとバナナのゼリーです。

クリスマス・プディングのような見た目!?

作り方
 ①りんご2個をすりおろす。バナナ1本を小さく切る。
 ②ゼラチン5gを水50ccでふやかし、湯煎で溶かす。
 ③①に水150cc、②を混ぜて、冷やす。

まったく砂糖は入れていないので、赤ちゃんにも安心。

ゼラチンは体温で溶けるので、赤ちゃんにも食べやすいですよ。

反面、寒天は体温では溶けないので、赤ちゃんはそのまま飲み込んでしまうかもしれないので、不向きです。

みんな、いつも食べている、りんごやバナナだけれど、
こうやって形を変えて、食感を変えてあげることで、
「食べることを楽しむ」という気持ちが芽生えてくるといいな♪

という願いを込めて・・・。

赤ちゃんたちがお腹いっぱいになったら、ママ達のケーキタイム。

Img_6610

今日は、小松菜のシフォンケーキに、デコレーション。

小松菜のケーキは、京都の手作り市に出品しているお菓子で、
1台に小松菜の葉が1束分入っていてヘルシー。

生クリームにヨーグルトを混ぜているから、さわやかな酸味が広がります。

おふたりの成長を願って! お誕生日おめでとう☆

     *             *

追記:

デコレーションは、口金がいびつでうまく絞り出せずに、しかも暑さでクリームがだれてしまった写真なので、ブログに載せようか迷いましたが、記念にということで恥ずかしながらのせてますう~。汗、汗。
なんて、ちょっと言い訳(笑) 
あっ、もちろん技術不足も大きいデス。

口金の話ですが、安物を買ってはいけませんね。
これは初めて使ったのですが、1個200円のものを、大阪なんばの道具屋筋で購入。
他にもいくつか購入したんだけど、口金の切り方、曲げ方が甘くて、どれもきれいな波形が出ないんですよね。
フランスのマトファー社製の1個1000円近くするものは、絞り出しのキレが違う!
ということで、やっぱ、この口金もダメだったか・・・。
マトファーの口金ですべてそろえていこうと思いました。

道具って大事ですね♪

|

« ラスク | トップページ | 樸木(あらき)~天然酵母パン  »

食育」カテゴリの記事

コメント

お友達そのイチの母です。
今回は本当にどうもありがとう!
シフォンもゼリーもおいしかったね~
ろうそくふぅ~も久しぶりで、
息子よりも私が興奮しました(笑)

お疲れがでませんように…。

投稿: ぱんだ | 2007年7月27日 (金) 21時10分

ぱんださん☆
これからも、毎年、3人で誕生日をお祝いしましょ~ね♪
来年は、みんな、どんなに成長していることか!
想像もつかないね!楽しみだー

投稿: まきすけ | 2007年7月28日 (土) 02時58分

レシピをもとに、娘の一歳の誕生日にゼリーを作ってみました。
レシピのバナナは使わずにリンゴのみ。
仕上がりは、と言うと…なんだか ゆるーい感じのゼリー。ちゃんと固まらなかったみたい…。
それでもなんとか形を保ったまま型からはずれてくれたので、オレンジを飾って仕上げました。
そんな「ゆるゆるゼリー」だったけど、娘はかわいいお口をあけてたくさん食べてくれ、母は嬉しさいっぱい。
離乳食をゆっくりと進めてきたので、これが娘にとって初めてのゼリー&母の手作りおやつ…となりました。
レシピの紹介ありがとうね。
↓画像はこちら
http://www.pacheco.jp/box/riuriu/apple200708_001.jpg

投稿: りうママ | 2007年8月 6日 (月) 01時13分

りうママさん、どうもありがとうございます。
りうちゃん、1歳のお誕生日おめでとうございます☆
うれしくて、すぐに写真を見せていただきました。
すっごくおいしそう。
みんな、見てみて~って感じです☆
レシピがアバウトで、固まってる??とドキドキさせてしまってごめんなさい。
りんごはわりと小ぶりなものを使っていたので、もし、大きめのを使われたら、ぎりぎり固まった状態かもしれません。
それと、ゆる~く固まるゼリーにしていたのは、
うちの息子がこのときは10ヶ月になったばっかりで、
(うちも離乳食を遅く進めてきているので、)
かたいゼリーにするとつるんとのどにいってしまって食べにくい時期だったんですよ。
それなので、うちの息子に合わせて、形は保っているけれど、きれいに切り分けることは到底困難なかたさにしてしまっていたのです。
きれいな形を保たせるには、ゼラチン1.5倍必要だったかも。詳しく書いていなくてごめんなさい!
私もこのときに、お菓子というものを、はじめて息子に食べさせました。
息子も喜んでぱくぱく食べていたから、「食」と「愛情」が離乳食よりもずっとずっとつながった感じで、じ~んとしました。
もっと、いろんなものが食べれるようになったら、一緒にお菓子を作ったりもできますよね。
それが楽しいとわかってくる年齢になったら、一緒にお菓子作りさせましょう。
うちは男の子だけど、お菓子・お料理好きにさせたいな~と、思っているので♪
とても、とても、うれしいコメントを、どうもありがとうございました。

投稿: まきすけ | 2007年8月 6日 (月) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラスク | トップページ | 樸木(あらき)~天然酵母パン  »