« もぎとりセールへgo!~フランス・アンティーク雑貨の市 | トップページ | もうひとつのアスパラ料理 »

北海道から・アスパラ直送便

北海道の友人から、旬のアスパラガスが産地直送で届きました!

Img_6254

この大きさ、長さといい、ふつうにスーパーに並んでいるアスパラガスの約2倍。

そりゃぁ、もう、立派なお姿をしていました。

さて、このアスパラの持ち味を生かした料理は、何にしようと考え始めたらワクワク。

               ☆

ヨーロッパではこの時期、アスパラガスが旬の食材として、マルシェ(市場)に束で並び、レストランでもアスパラ料理が一品の前菜として出されます。

南フランスのマルシェにて          オランダのマルシェにて

Asupara1 Asupara8

日本では、ホワイトアスパラガスといえば、缶詰というイメージでは?
やわらかすぎるし、においも鼻につくし、好きという声はあまり聞かないですよね。

でも、このホワイトアスパラガスの、生をボイルして食べたときのおいしさといったら!!!!

ヨーロッパの人のホワイトアスパラガスに対する想いは、日本人のたけのこと似ています。

春には、ホワイトアスパラガスを食べないと、という気持ちがあり、レストランに入ってホワイトアスパラガスの料理があれば、迷わずオーダー。

そして、味に関してもそっくりな点が・・・・・・。

ホワイトアスパラガスは、収穫して、時間が経つにつれてアクによる苦味が増してきます。
そのため、とれたてのものを、できるだけ早くボイルしていただきます。

口の中でふわっと広がるアスパラのふくよかな香りと、それに続くほろ苦さを感じて、春の訪れを実感するおいしさ。

グリーンアスパラガスは陽をさんさんと浴びて育った、大地の味がします。

                 ☆

ヨーロッパの旅で口にした、アスパラガスの料理を回想しながら、今日はこのような料理を作ってみました。

●アスパラガスのフランドル風
  Asperges á la flamande

Img_6255

と~っても、シンプルな料理。

レストランでアスパラガスの料理を注文すると、フランスでもイタリアでも、ベルギーでも、
こうして、卵と合わせた料理が出てくるんです。

これはフレンチスタイル。

    <材料>
    アスパラガス  15本
    卵         1個
    バター      80g
         塩、こしょう

    <作り方>
    ①アスパラガスは素材の甘味を引き出すように、無水でゆでる。
    ②ゆで卵を作る。白身は刻む。
    ③小鍋にバターを溶かし、黄身を入れて混ぜ、塩、こしょうする。
    ④器にアスパラを盛り、白身、黄身のソースをかける。

北海道産のこのアスパラガスは、食べて、驚きのおいしさでした。

まず、筋がほとんど感じられません。
食べるときに、ナイフがす~っと入るんです。
ふつうは筋がかたくて、下部は切り落としますが、そのまま食べられちゃいました。

そして、アスパラガス自体の味もガンガン主張しているし、
なんといっても甘い!

大地の恵を感じました♪

Kumiちゃん、ありがとう~

|

« もぎとりセールへgo!~フランス・アンティーク雑貨の市 | トップページ | もうひとつのアスパラ料理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おいしそうに調理してくれてありがとう!
喜んでもらえてよかったわ。
今度アスパラ買ったら、フランドル風もチャレンジしてみるね!

投稿: くみ | 2007年7月 5日 (木) 01時10分

こちらこそ、本当にありがとうね。
新鮮なアスパラのおいしさを初めて体験しました。
札幌にいたときも、スーパーで買ったアスパラは、こんなにもおいしくなかったから、産地直送ってすごいと思いました。
私も、教えていただいた調理法を、今度は試してみたいよ~

投稿: まきすけ | 2007年7月 7日 (土) 07時57分

こちらこそ、本当にありがとうね。
新鮮なアスパラのおいしさを初めて体験しました。
札幌にいたときも、スーパーで買ったアスパラは、こんなにもおいしくなかったから、産地直送ってすごいと思いました。
私も、教えていただいた調理法を、今度は試してみたいよ~

投稿: まきすけ | 2007年7月 7日 (土) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もぎとりセールへgo!~フランス・アンティーク雑貨の市 | トップページ | もうひとつのアスパラ料理 »