« 手打ちうどん&アジ寿司~お料理教室 | トップページ | Shinの煎茶ケーキ »

ジャム研究家 いがらしろみさんのイベント♪

ジャム研究家 いがらしろみさん のイベントが奈良の秋篠の森でありました。

ろみさんファンのAIちゃんに教えていただいて、即申し込み!

Img_6415  

”MILK TEA”
  ロンドンのおいしいお茶とお菓子の時間

この本の出版記念をかねたイベントで、ろみさん&写真家のくりたけいこさんのトークショー&ティーパーティー。

たっぷりのミルクティーと、ろみさんのジャム&スコーン・イギリスのお菓子をいただきながら・・・という趣向。素敵すぎる~

ろみさんといえば、ジャムの本という印象ですが、
この本は、イギリスで暮らしていたくりたさんをろみさんが訪ねて、イギリス人の日常の中で登場する、お茶のお菓子を探るという、フォトエッセイっぽい本でした。

そして、この日は、快晴。
ガーデンパーティーには、十分過ぎるいい天気。

場所は、秋篠の森。
名前の通り、本当に森を切り開いて、お店を作った感じで、緑に囲まれたというよりも、緑に埋もれてひっそりとたたずんでいる、隠れ家的なお店でした。宿泊もできるんですよ。

入り口から、森の小道を通り抜けると・・・

Img_6376  Img_6396 Img_6374

そこはパーティー会場。
限定で12人ほどのアットホームな温かい集いです。

ろみさん、はじめまして!

ろみさんのお菓子、いただきま~す☆

Img_6387  

下段・・・スコーン、フェアリー・ケーキ
上段・・・ショートブレッド、メイプル風味のマドレーヌ

このスコーンは、外はカリッ、中はふわ~っという食感。
朝、厨房でろみさんが焼かれたそうです。
ろみさんが12年前、イギリスに1ヶ月滞在したときに、スーパーで買うスコーンまでもがおいしくてびっくりしたとか。
しっとり、ふんわり、粉の甘みを感じて、感激したと。
このスコーンは、そのときのスーパーのスコーンの感じをイメージしながら作られたとお話しされていました。

サンドされたジャムは「hohoemi」という名前の、
フランボワーズ&ラズベリーのジャム。
スコーンに定番のクロテッドクリームも添えて。

そのお隣のケーキは「フェアリー・ケーキ」
初めて聞いた名前です。

カップケーキにアイシングでデコレーションしたものをこう呼ぶそうです。
詳しく聞いてみると、イギリスではポピュラーなケーキで、
子供のお誕生会などに作ったり、
お菓子屋さんにも売っているけれど、家族で作るケーキのひとつのようです。
そうそう、フェアリー・ケーキ専門店まであるそうですヨ。

今回は、カップケーキにクリームチーズで作った甘いクリームを塗って。
見た目は、甘そう~と思ったのですが、食べてみると以外に軽くて、ふむふむ・ぱくぱく。

おぉ♪確かにこれは子供が喜びそう!
本の中には、かわいいフェアリー・ケーキの写真がずら~っとのっていたので、今度わたしもチャレンジしてみよ~っと。

そして、ショート・ブレッドは、イギリスの代表的お菓子。

私は高校時代に、ウォーカーのショート・ブレッドがやみつきになっていたことが・・・。
あともうひとつ、とやめられない味でした。
ろみさんの作るショート・ブレッドは、ウォーカーのように、バターの風味がしつこいくらいに後にひく(それが結構好きだったんだけどネ)ものではなく、
バター風味はそれほど強くないものでした。

そして、隣のメイプルシュガーを使ったマドレーヌは、ろみさんが最近カナダに行かれたそうで、カナダといえばということで、そのときに買ったメイプルシュガーを使った一品。
「これだけ、フランス菓子なんだけどね~。」と、ろみさん。

おいしければ、それでいいんですよ~ うひひ

Img_6394  お菓子のお供は、ミルクティー

イギリスのアフタヌーンティーといえば、
カップ&ソーサーに、ティーポットから、こぽこぽと紅茶が注がれるイメージ。

でも、これはマグカップ!!!

ろみさんによると、
イギリス人の日常の紅茶は、マグカップ。そして、ティーバッグなのだそう。

えーっ!びっくり。

紅茶の国の日常風景は、マグで飲むミルクティー!?なのー???

そうなんです。スーパーで、ティーバッグを大量に買ってきて、それを飲む。
それでも、やっぱりイギリス人なのは、濃さやミルクの量にそれぞれの好みがあって、それを大切にしながらおいしくいれるそうなんですよ。

このときの紅茶も、フレーバーが強いものとかではなく、本当に日常使いのお味でした。
が、かえって、それが心をなごませるものがあって、それもよかったのかも。

Img_6400

ろみさんがいれてくれる紅茶を、何倍もおかわりしちゃいました。

このロケーションは、ろみさんがイギリスの公園で、ピクニックしながらマグで紅茶を飲んだときのことを思い起こして、ここだ!と思われたそう。

土曜日の午前中。
うっそうと茂る木々の緑色の間から、日差しが差し込む
木漏れ日の中で、ふ~っといい空気を吸い込んだり。
とてもすがすがしい気分になりました。

一緒に行ったお友達と、みんなで、

「あ~、ココロがリセットしてる~~」

気持ちのよい木漏れ日具合、この写真でわかりますか?

Img_6380   Img_6388

イギリスでは、公園で、教会で、野外でこんな風に気軽にお茶をしてくつろぐ風景が、あちらこちらで見られるそうです。

心がイギリスに、プチトリップしましたよ♪

最後に・・・

ろみさんも、私と同じココログでブログされていたことを発見(^ 0 -)

http://romi-unie.cocolog-nifty.com/

|

« 手打ちうどん&アジ寿司~お料理教室 | トップページ | Shinの煎茶ケーキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手打ちうどん&アジ寿司~お料理教室 | トップページ | Shinの煎茶ケーキ »