« もうひとつのアスパラ料理 | トップページ | アペリティフの日 »

十穀玄米のキッシュ

私はフードコーディネーターや食育の講座の講師をスクールでしているのですが、

今日は食育講座のメニュー開発の授業で、
「雑穀」を使ったメニューを紹介するため、
自宅で試作をしました。

今、雑穀が流行っていますよね。

今回使った十穀玄米は、
玄米、もち米、はと麦、黒米、赤米、もちきび、もちあわ、ひえ米、煎り大豆、煎り黒大豆。

これを炊いたごはんを、ベーコンと玉ねぎのキッシュに合わせるんです。

Img_6260

カフェで女性客が注文したくなるような、ランチプレートの一品ということで、考案しました。

1切れでボリュームたっぷり。

これに、サラダと、次のようなスープを添えて。

Img_6257 紫いものポタージュ

友達にも食べてもらったら、好評でした。

うん、これはイケル♪

                 ☆

そうそう、雑穀といえば・・・

白米に何割か混ぜて炊くと、白米ではとれない栄養がとれるという利点があるのですが、選ぶ目が必要です。

国産かどうかを確認したほうがいいそうですよ。

あわ、ひえなどは、昔の日本では食用とされていましたが、
雑穀ブームになる前は、主に家畜の飼料への利用と、その地位が下がっていました。

そのため、アメリカから安いあわやひえなどを大量に輸入して飼料に使うという方法をとっていて、それには農薬の規制がないのです。
それが、わたしたちの食用としても当然売られているわけで。。。

健康によいと思って買っていたものが、かえって健康を害してしまうなんて悲しいですよね。

近鉄百貨店阿倍野店には、こだわりの食品コーナーに、国内産雑穀コーナーがありましたよ。

Image201  

栄養はもちろん、丸麦、そば米などでは、ぷちぷちした食感を愉しんだり、
赤や紫色の雑穀は、白米に混ぜると色鮮やか。

気軽に毎日の食事にとりいれたいものですね。

|

« もうひとつのアスパラ料理 | トップページ | アペリティフの日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

わかるかな?
きのうアドレスを教えてもらったぱんだです。

とりあえず、子供が朝寝してる間に、見れるところだけざざーっと見てきました。

すっごい充実してるね。
前からすごい人だとは思ってたけど、改めて感動です。

私は何かに凝るってことがすっごく中途半端で、情けないな~、なんて思ってしまったり。

さてさて本題ですが
このキッシュ、おいしそうだね。
十穀とまでは全然いかないけど、玄米ご飯がおいしいってことを最近知りました。

私にもまたご馳走してくださーい!

そうそう、紫イモのポタージュもかなり気になってしまいました!!
私もまたポタージュ作ろうっと♪

投稿: ぱんだ | 2007年6月 9日 (土) 10時06分

玄米ごはん、かみしめると、おいしいよね~。
私も定期的に買うようになりました。
玄米ごはんだと、ついごはんをおかわりしてしまいます。
最近、マクロビオティックが流行っているから、玄米も以前よりおしゃれなイメージだよね。
キッシュは焼きたてがおいしいから、今度遊んだときに、作るわ~。
ポタージュは、離乳食ついでに作れるから、よく作るの。
これも、紫いもを無水でゆでたものをピュレにして、一部を離乳食に少しとっておいて、大人は牛乳、コンソメを混ぜてスープに。
食物繊維とアントシアニンがとれて、ヘルシー♪

投稿: まきすけ | 2007年6月10日 (日) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうひとつのアスパラ料理 | トップページ | アペリティフの日 »