« プリザーブドフラワーアレンジメントの初作品! | トップページ | Eierscheke(アイアシェッケ) »

古代米・黒米を使って

本日の夕食は、黒米を白米に混ぜて炊きました。

ポークときのこをトマトソースで煮込んだものに、黒米ライスを添えて・・・。

Img_6196

黒米は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンという
紫色の色素を含んでいます。

このアントシアニンは抗酸化物質として、からだにいいって注目されていますよね!

アントシアニンは水溶性で、水に溶けやすく、

だから、白米に少し混ぜて炊くと、ポリフェノールが溶けて全体がきれいな紫色になるのです。

古代米というのは、私たちの祖先が栽培していた「古代イネ」の品種が持っていた特色を色濃く残したイネのこと。

この黒米は、奈良の月ヶ瀬村で栽培しているものを、分けていただきました。

日本に古来からあったものだけれど、
こんな風に洋風の料理とあわせても、オシャレですよね。

お米を変えるだけで、おもてなしにもなりますよね。

         <本日の簡単レシピ>

          玉ねぎスライス(2個分)、豚バラ薄切り(300g)、しめじ(1パック)
          をトマトソース(1瓶)、コンソメ(1個)、塩(小さじ1/2)とともに
          煮込んで、コーンスターチでとろみをつけて、できあがり!

          米(3合)に黒米(大さじ1 1/2)を混ぜて炊いたご飯を添えて。

|

« プリザーブドフラワーアレンジメントの初作品! | トップページ | Eierscheke(アイアシェッケ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリザーブドフラワーアレンジメントの初作品! | トップページ | Eierscheke(アイアシェッケ) »